追求する動画美『REGZA Phone T-01C』特集ページ!

                  

富士通東芝モバイルコミュニケーションズ(旧東芝)から発売される、初のandroid OS搭載のスマートフォンとなる。NTTドコモへは2008年よりWindows Mobile OSの搭載されたスマートフォン、dynapocket T-01A、dynapocket T-01Bが供給されていた。本機T-01CはOSこそ変更されているものの、事実上の後継機種であり、2011年2月以降に発売が予定されている、auのIS04とは兄弟機種となる。Android搭載スマートフォンとしては世界初の防水端末であり、ワンセグ、赤外線通信、おサイフケータイなど、いわゆる日本のケータイ独自の機能に対応している。
また東芝の映像技術を詰め込んだモバイルレグザエンジン3.0を搭載しており、動画の視聴において超解像、フレーム補間といった機能に対応している。ワンセグやYouTubeといった動画コンテンツを画面いっぱいの高画質で楽しむことができる。(wikipedia引用)



商品名       REGZA Phone
発売日       2010年12月17日
本体価格     一括31,416円、 チェンジ割適用で20,916円
OS          Android 2.1
製造        富士通東芝モバイルコミュニケーションズ


サイズ       約62(W)×126(H)×11.9(D)mm
CPU        Qualcomm Snapdragon QSD8250 1GHz
ROMメモリ     1GB
RAMメモリ     512MB
重量(電池装着時)  約149g
連続通話時間    約280分
連続待受時間    約370時間
バッテリー     1300mAh


ディスプレイ    4.0インチ TFT液晶
解像度       フルワイドVGA (854×480)
カメラ       有効画素数約1220万画素オートフォーカス付きカメラ
外部メモリ    microSD(2G)、microSDHC(32GB)
その他       IEEE802,11b/g準拠、Bluetooth 2.1+EDR
カラー       Mellow Bordeaux,Moist Black
Flash       Flash Lite 4.0


主要機能
■おサイフケータイ
■ワンセグ
■赤外線通信
■モバイルレグザエンジン3.0
■ATOK
■生活防水


・液晶に不備があり初回生産分が少ないとの噂。
・スリープモードになっても、Wi-Fi切れず。
・ATOKアップデートあり。「かお」変換で強制終了するバグ修正。
・動作が遅くカクカクしている。


【体験レビュー】REGZA Phone T-01Cを触ってきた感想&報告!(12/22)


【ユーザーの声】docomo T-01C発売!良い部分とか悪い部分とか(12/18)


【機能レビュー】『REGZA Phone T-01C』を発売前に機能チェック! (12/16)


【機能レビュー】docomo冬・春モデル新製品!その2!東芝 T-01C (11/10)


【うわさ】Docomo Toshiba TG03 & KDDIアメリカ Sanyo Zio (10/10)