【海外コラム】ゲーム機型スマートフォンXperia Playが失敗した理由

                  cap5ule_img_110815_00

■ 海外のコラムをご紹介 ■

Dvice : Xperia Playが失敗した理由

原題:This is why Sony’s PlayStation Phone failed

長年にわたりゲーマーは、プレイステーション型携帯の発売を叫びながらもソニーへ頼み込んでいた。しかし、ソニーは小型ゲーム機「PSP」を発売した後、新型をうさわさせるも6年間は動きもなく皆を待たせ続けていた。その後、iPhoneとiPod TouchがApp Storeとともに、Appleが2007年のスマートフォンゲーム市場を拡大させ歴史を残した。ソニーは、チャンスを逃した格好だ。

この春、ソニーエリクソンはプレイステーション携帯「」を発売。ゲームパッドを出し入れする形で、プレイステーションブランドのスマートフォンだ。多くのゲーム情報サイト、ブログなどでXperia Playは紹介され誇大な期待があったものの失敗に終わった。Xperia Playは発売後数週間で小売店販売価格200ドルから100ドルへ大幅割引されて売り出された上、そのハードウェアを販売する唯一の米国無線電話会社「ベライゾン」すら宣伝するなどの販促活動をしていないのだ。

Xperia Playのハードウェアに問題は無かった。非常に中身が詰まったAndroidスマートフォンで、私が今までテストした中で最高だった。問題は、ゲーム機購入の価値を作る一つのことが欠落していたことだ。キーワードは「最高のゲームソフト」

好奇心の強い開発者が、法的に所有(ゲームディスクを購入)するPS1のゲームをなんとかXperia Playでプレイすることができたと私は聞いた。 GoogleがAndroidマーケットから彼らを一掃する前からAndroidでPS1ゲームのためのエミュレータが存在していたのだ。でも、そのエミュレータ排除が始まり苦しんでいた。 Xperia Playで「優れたエミュレータ」を使うことができたら、どんなPS1ゲームでもプレイすることができたのだから・・・。

1人のエミュレータ開発者は、大企業がすることができなかったことを成し遂げた。サードパーティの会社は、古いPS1の全ゲームのプレイを可能にするべきだった。 ソニーが最低50本、いや100本のPS1ゲームをマーケットへ並べておいたならば、Xperia Playはもう少しの勢いを出したかもしれない。しかし、それができなかったと聞く。

私は、古いPS1ゲームをエミュレートするために数々の障害物があることをよく知っている。 すなわちライセンス、品質保証報告など非常に沢山ある。ソニーは、2、3ヵ月前から公式プレイステーション・ブログで、Xperia Playが市場に投入されることを明らかにしていた。

ソニーは準備金を用意しライフサイクルを築かなければならなかった。そうすれば、Xperia Playが発売されると同時にゲームを加える準備ができていたはずだ。 Xperia Playの購入者が得たものは、クラッシュ・ バンディクーだった。グランツーリスモは、どこにありますか? どこで、メタルギアソリッドは入手できますか? ファイナルファンタジーVIIは、どこにありますか? 探しても、どこにも見当たらなかった。

スマートフォンユーザーは、プレイしては次を探しまたプレイし遊びつ尽くすので、Angry Birdsのようなゲームを好み大ヒットしたのだ。プレイステーションが作り上げたコアゲームではなく、成功した日本のRPGでもない。
私は、それらすべてを行うソニーのスマートフォンを見てみたい。プレイステーション・ブランドが知られている「高級な内容」を提供してくださいと言いたい。Xperia Playはゲーム機であって電話ではないんだよ。

ノキアのN-Gageが墜落し燃え尽きた方法と同様で、キラーデバイスにさせるゲームたちを持ってこない限り、どんなスマートフォンでも、古いゲームを押していると失敗する。ソニーがしなければならないことは、消費者に保証されたプレイステーションを提供し続けること。それがなければ、プレイステーションの遺産を持たないただのスマートフォンまたはタブレットになる。なぜ、iPhoneやAndroidでゲームができる世の中で、PSVitaのような家庭用ゲーム機がゲーマーから沢山の愛を得ることができるのか?それは、ゲーム機であるからだ。

<ソースの翻訳>
http://dvice.com/archives/2011/08/this-is-why-a-p.php 提供:Dvice

About the author

運営・代表者です。 よろしくです。