Galaxy S II(ギャラクシー s2) SC-02C専用 ハードケース (クリア)を使ってみる。from ラスタバナナ

                  emunoki_img_110623_25

ラスタバナナ製Galaxy S II 専用ケースを試してみました。種類はハードケースで、色はクリア。スタンダードなタイプのケースです。

クリックで写真を拡大できます。
早速開封。左がケースで、真ん中は保護シールです。そう、このケース、保護シールも付いているのでわざわざ他のシールを買う必要がありません!これは便利。

ケースをはめてみます。表面はツルツルしていますね。ケースは前面まで回り込んでいて、ひっくり返しても、ディスプレイが直接接地面と触れ合うことが無いように作られています。
右に見える四角いシールはカメラ部分のシールとなっています。ケースはカメラの部分に穴が空いているので、保護シールでカバーの代わりをさせるようですね。

背面です。カメラ部分と右下のスピーカー部分には穴が空いています。透明なケースなので、端末本体がそのまま見えます。う~んシンプル。Galaxy S IIの外観を損ねたくない!という方にはクリア系がおススメ。

端末右側です。電源ボタンが見えます。ケースの穴は少し大きめに作られています。右側の穴はここだけです。

端末左側です。音量調節ボタンとストラップの穴が空いています。

尚、ストラップは上の写真だと穴が空いているだけでちょっと分かりにくいのですが、裏蓋を開けると下の写真のようにストラップ用の穴と引っ掛ける棒があるので側面から通して引っ掛けて、蓋を閉めることで取り付けることが可能です。

上部はイヤホンジャックとワンセグアンテナ用にスペースが空いてあるほか、側面のように回り込んで作られていません。

下部も端子の部分はスペースが空いていますが、上部よりも包み込んでいる部分が多いです。

ボタンは流石にケース無しの方が押しやすかったですが、穴が比較的大きめに作られているため、『押しにくくなった』という印象はそこまで受けませんでした。ただ、端末自体大き目なので、手の小さい方はもしかすると指が届きにくいかもしれません。

ワンセグアンテナもこの通り。ケースをしても特に問題なくワンセグ番組を視聴できました。


さて、今回レビューしたハードケース、落下の衝撃はソフトケースより吸収しにくいですが、ポケットや鞄の中に入れて持ち歩いてもキズが付きにくいというメリットがあります。特にこのようなシンプルな形状のケースは端末のデザインを比較的損ねることなくスマートフォンを保護してくれます。ただ、シンプルすぎる…という意見もありますし、グリップ力で言えばソフトケースの方が勝っていることの方が多いです。

ハードケースの中には、マットな手触りのラバーケースや、木製のケース、さらにはプリントがしやすいので様々なデザインを施したケースがあります。せっかく高いスマートフォンを買うなら、ケースにもこだわりたいところですよね。あ、もちろん、シンプルなケースがこだわっていないという訳ではありませんよ?使い勝手や端末デザインとの兼ね合いも考慮してシンプルなカラーを選ぶのもアリだと思います。コストもかかりませんしね!

今回レビューした商品はコチラ~。
GALAXY S2専用 スタンダードケース クリア