マジで、ふざけるな『IS03』!!まとめてみた酷評レビュー集。ブログ・ツイッター・ミクシー。

                  

スマートフォン『IS03』、auで発売され1週間がたとうとしています。
今回、良いレビューも多い中、気になる悪いレビューはどうなんだろうか調べてみました。ワースト3を発表したいと思います。はたして評価は!

※ 製品には良いところ悪いところは必ずあります。また人によって変わります。ここで紹介されるレビューは、悪い部分だけを抽出したものであり、売れている商品ということは、それを覆すほど沢山良い部分があるということです。

<ワースト3>

1位:バッテリー容量
2位:レスポンス(反応)速度
3位:OSが最新版ではない

<レビュー抜粋・コメント>

まずは、3位の「OSが最新版ではない」
の問題にはこんなコメントがあります。

この時期に発売されるAndroidスマートフォンのバージョンは「2.2」が多い中、なぜか『IS03』は一世代前の「2.1」を搭載しています。アップデートが予定されているもののやはり最新版が良いですね。さらにPC用Flashが非対応であることが問題として1つあげられます。
・ OS 2.1でなく2.2で出せば良かったのにね。買う気失せる。
・ OSは古いやつなんですねぇ
・ Android 2.2は最適化されて軽いらしい。レスポンスが悪いくせに2.2を積まないとか・・・。

続いて、2位の「レスポンス(反応)速度」
の問題にはこんなコメントがあります。

レスポンスの良さと言うのはCPUによって変わってくるとされています。高性能なCPUを積めば計算が速いわけですからレスポンスも良くなります。しかし、『IS03』はXperiaと同じ世代の「Snapdragon 1Ghz」を積んでおり、最新のGalaxy SやHTC Desire HDに比べたら非力CPUを積んでることになります。
・ コンディションによって遅いときや無反応があるように思います。一番は使う私のスペック不足をかんじます。
・ 最低。期待ハズレこんなのを『本気をみせる』と世に出せるauって…
・ 既存ホーム画面はモッサリしていましたが、ホームアプリ導入で解消しました。
・ 的はずれな所をタップしてしまうし、本体を横にしても、画面が瞬時に横向きにならず、ワンテンポ遅れて変わったりと、軽快とは言いがたく、ガラケーの方が余程軽快に操作出来るというのが印象でした。
・ 世間で評判の悪い原因、電池持ちとレスポンスの悪さは、これに直結しているから。これさえできれば見違えて使いやすくなるのに!
・ 不親切、もっさり、レスポンス悪い。アンドロイドの特徴じゃなくて、シャープ製品の特徴ですよ。
・ IS03にしろXperiaにしろ、レスポンスの良さはiPhoneには敵わないなぁ。 ちょっと待てば追いつくだろうなんて思ってたのに・・・。

そして、1位の「バッテリー容量」
の問題にはこんなコメントがあります。

スマートフォンでの問題の一つであるバッテリー持ち。iPhoneなどでも叩かれていたが、もっともっと持ち時間が悪い『IS03』では一番の問題だそうです。スマートフォン平均容量が1300mAhに対し、『IS03』はなんと1020mAh!少ないとの意見が多いです。
・ 他社製品と比較して容量面で劣っています。一日中使うというよりは外出時でもこまめに充電ができるようなお客さんでないと少し厳しい容量かもしれません。
・ IS03は、バッテリがウェブ利用のみでも、2.5時間しか持たないってみんな知ってるのかな。。
・ 動画などの再生やダウンロードの機会が増えた分、もう少し持てば最高なんですが・・・
・ 今まで普通の携帯を利用していた人はかなり短く感じると思います。
・ 土日や旅行など頻繁に使う場面では期待出来ません。予備バッテリー1つじゃ心配かも。
・ やはりバッテリーの消耗が早いのですね
・ 毎日充電しなきゃだから、おおよそ一年半(500回程度)でバッテリーがヘタる感じか。
・ バッテリー切れになるときって突然切れるのね。
・ 『iPhone4』のバッテリー容量が1420mAhに対し『IS03』のバッテリー容量は1020mAhと少ない。
・ IS03バッテリー切れで連絡がとれなくなった・・・
・ IS03のバッテリーの保ちの悪さと言ったらビックリします。放っておいただけで1日保たない。これじゃいざ外出の時にはバッテリー切れで、絶えず充電しておかないと不安で仕方ない。

バッテリーに関しては、しばらく使っていれば1日持つようになるという意見もあったりするので、もうしばらくして、再度レビューを見て買うのも良いかも知れません。
以上です。このような悪いレビューを承知した上で購入することで不満無く「IS03」とお付き合いできるでしょう。

About the author

運営・代表者です。 よろしくです。