スマートフォンにもデュアルコアCPUが載る時代が!?サムスンが開発中のARM『Orion(オリオン)』

                  

皆さんサムスン電子は、CPU製造メーカーでもあるいうことはご存知だろうか、もちろん自社スマートフォン「Galaxy S」などのCPUも自社製造のものを使用しています。しかも性能値では素晴らしい数字を出しており米国に劣らない製造技術を持ってますよ。(※ 信者ではない:Cap5uleはQualcommのほうが好き(笑))

注意:厳密には「SoC」と呼ばれる統合型プロセッサです。

今回、サムスンが凄いニュースを発表しました!それは、モバイル端末向けCPUを・・・2つ搭載しちゃいましたことです!!つまり「デュアルコアCPU」です。パソコンなどは、もう当たり前になりましたが、いよいよスマートフォンにも搭載される時代が来ると考えると凄いなと思ってしまいますね。(「Nvidia Tegra」はまだスマートフォンに搭載していません)


※ 画像をクリックして拡大表示 (Engadget様)

続いて、CPU(SoC)の性能はどうなのか見てみましょう。正式名なのか開発コードネームなのか分かりませんが「Orion」という名です。次世代っぽいですねぇ(苦笑)

・ コードネーム:Samsung Orion
・ CPU:Dual-Core ARM Cortex-A9 1GHz 45nm CPU
・ GPU:Mali 400 GPU
・ キャッシュ:L1 命令32KB/データ32KB 、L2 1MB
・ 省電力オーディオプロセッサ搭載

「Mali 400 GPU」というチップは、現存するモバイル端末GPUの5倍の能力はあると言ってます。「Nvidia Tegra」を超えた?!ちなみに、次世代Galaxy Tabに搭載する予定だとか・・・。期待です。

<「Samsung Orion」の紹介(提供:YouTube)>

しかし、オリオンかぁ。かっこいいですねー。名前。

<関連記事>

GALAXY Tab と iPadって何が違うの?
iOS(iPhone,iPad)向けの3Dサウンドライブラリを公開しました!

About the author

運営・代表者です。 よろしくです。