au スマートフォンとタブレットでデータ通信量をシェアできる「データシェア」サービスの提供を発表!9/20から先取り!データシェアキャンペーン開始

                  emunoki_img_130913_02

,KDDIは 4G対応スマートフォンと、タブレットの月々のデータ通信量をシェアできるデータシェアのサービスを2014年春から提供を開始すると発表しました。これは、月々のデータ通信制限をスマートフォン/タブレット間で共用できるというもの。このサービスに加入すれば、月額「2,992」円で運用が可能です。

また、同時に発表された「先取り!データシェアキャンペーン」は新規、機種変でタブレットを購入した場合にタブレットの月額料金を1,050円にするキャンペーン。

emunoki_img_130913_03

適用条件は

■4G LTE対応タブレットを新規もしくは機種変で購入

■「LTE フラット for Tab cp」または「LTE フラット for Tab(i) cp」の専用パケット通信定額サービスへの加入

■「4G LTE スマートフォン(LTEフラット加入)」との「スマホセット割加入」

の3つとなっています。

つまり、4G LTE対応のスマートフォンとタブレットを同一名義で利用する人向けとなります。

なお、適用後の特典は

・最大2年間 タブレットの月額料金が1,050円に

・2014年5月末までタブレットの月々のデータ通信量を7GBで運用可能

となっています。2014年5月末までは、スマートフォンタブレット間でのシェアは不可なのでご注意を。(あくまでスマホで7GB,タブレットで7GB)

データシェアサービスの詳細な案内は追って行われるとのこと。

サービス開始は来年の6月ということで、まだ少し時間がありますが、スマホとタブレット間でデータ量をシェアできる仕組みというのは面白いですね。ただ、僕の場合はタブレットはほとんど家でしか利用しない(Wi-Fi環境下でしか通信をしていない)ため、9GBも使い切れるかと言われるとちょっと考えてしまいます。個人で外出先(3G/4G環境下)で動画視聴などを頻繁に行い、家族用でauのLTEタブレットを検討している方などは入っておくとお得なんじゃないでしょうか。

なお、このキャンペーンに適用できるタブレットはスマートフォン1台に対して1台となっています。

スマホとタブレットでデータ容量を分け合いおトクに利用できる 「データシェア」サービスの提供について