購入前に必見! docomo au softbankのiPhone 5sの月々の利用料金について試算・比較してみた[新規・機種変・MNP]

                  130911_iphone5s1

さて、それではdocomoとauでのiPhone 5s, iPhone 5cの月々の利用イメージを試算してみました。ソフトバンクについてもこちらのページに追加で記載予定です。

iPhone 5sの運用
■docomoで運用する場合

基本料金

まず、docomoで使用する場合の最低限かかる月額料金は

基本使用料 タイプXi にねん  780円
+ ネットワーク使用料 spモード 315円
+ パケット定額サービス Xiパケ・ホーダイ for iPhone 5,460円
= 計: 6,555円

ということになっています。 これを仮にdocomo_Aとしておきます。

そして、他社からの乗り換えの場合かつ、学生の場合は、

基本使用料 タイプXi にねん  780円
+ ネットワーク使用料 spモード 315円
+ パケット定額サービス Xiパケ・ホーダイ for iPhone 5,460円
+ ドコモへスイッチ学割(基本使用料3年間無料) -780円
+ ドコモへスイッチ学割(パケット定額サービスの上限額/定額料を最大3年間1,050円/月割引き) -1,050円
= 計: 4,725円

これを仮にdocomo_Bとしましょう。

端末代金

で、端末代金が
16GB /32GB/64GBとも一括で9万5,760円。

割賦金
月々サポート(割賦割引)が

16GB 月額 月3,990円 実質負担額 0円
32GB 月額 月3,570円 実質負担額 10,080円
64GB 月額 月3,150円 実質負担額 20,160円

となっているので、端末代金を24回払いの場合は…

試算
docomo_Aの場合

16GB 端末代金 3990 + 月々使用料 6555 – 月々サポート 3990 = 6,555
32GB 端末代金 3990 + 月々使用料 6555 – 月々サポート 3570 = 6,975
64GB 端末代金 3990 + 月々使用料 6555 – 月々サポート 3150 = 7,395

docomo_Bの場合

16GB 端末代金 3990 + 月々使用料 4725 – 月々サポート 3990 = 4,725
32GB 端末代金 3990 + 月々使用料 4725 – 月々サポート 3570 = 5,145
64GB 端末代金 3990 + 月々使用料 4725 – 月々サポート 3150 = 5,565

となります。一括支払いの場合は
docomo_Aの場合

16GB月々使用料 6555 – 月々サポート 3990 = 2,565
32GB 月々使用料 6555 – 月々サポート 3570 = 2,985
64GB 月々使用料 6555 – 月々サポート 3150 = 3,405

docomo_Bの場合

16GB 月々使用料 4725 – 月々サポート 3990 = 735
32GB 月々使用料 4725 – 月々サポート 3570 = 1,155
64GB 月々使用料 4725 – 月々サポート 3150 = 1,575

ここに、通話料が乗っかってくる形となります。
なお、 iPhone 5s 16GBで購入かつ、 現docomoユーザーの場合はiPhone買いかえ割
が適用できるので、
docomo_Aでのみ、

16GB 端末代金 3990 + 月々使用料 6555 – 月々サポート 3990 -iPhone買いかえ割420 = 6,135

2年間で総額147,240円となります。


 

■auで運用する場合
基本料金
auで使用する場合の最低限かかる月額料金は

基本使用料 LTEプラン  980円
+ ネットワーク使用料 LTE NET  315円
+ パケット定額サービス LTEフラット 5,985円
- LTEフラットスタート割 -525円
= 計: 6,755円

端末代金
で、端末代金が

16GB 68,040円
32GB 78,120円
64GB 88,200円

割賦金
で!auは新規 MNP(他社からの乗り換え) と 機種変更で 毎月割の適用額が異なっています。
まず、新規 MNP(他社からの乗り換え)の場合は

16GB 月額 月2,835円 実質負担額 0円
32GB 月額 月2,825円 実質負担額 10,320円
64GB 月額 月2,815円 実質負担額 20,640円

となっています。 これを仮にau_Aとしておきます。

そして、機種変更の場合は

16GB 月額 月2,245円 実質負担額 14,160円
32GB 月額 月2,235円 実質負担額 24,480円
64GB 月額 月2,230円 実質負担額 34,680円

となっています。 これを仮にau_Bとしておきます。

試算
さて、試算です。
24回払いで…
au_Aの場合

16GB 端末代金 2835 + 月々使用料 6755 – 毎月割 2835 = 6,755
32GB 端末代金 3225 + 月々使用料 6755 – 毎月割 2825 = 7,155
64GB 端末代金 3675 + 月々使用料 6755 – 毎月割 2815 = 7,615

au_Bの場合

16GB 端末代金 2835 + 月々使用料 6755 – 毎月割 2245 = 7,345
32GB 端末代金 3225 + 月々使用料 6755 – 毎月割 2235 = 7,745
64GB 端末代金 3675 + 月々使用料 6755 – 毎月割 2230 = 8,200

となります。一括支払いの場合は
au_Aの場合

16GB 月々使用料 6755 – 毎月割 2835 = 3,920
32GB 月々使用料 6755 – 毎月割 2825 = 3,930
64GB 月々使用料 6755 – 毎月割 2815 = 3,940

au_Bの場合

16GB 月々使用料 6755 – 毎月割 2245 = 4,510
32GB 月々使用料 6755 – 毎月割 2235 = 4,520
64GB 月々使用料 6755 – 毎月割 2230 = 4,530

ここに、通話料が乗っかってくる形となります。
なお、MNP(他社からの乗り換え)の場合にはauにかえる割が適用できますので、
24回払いで…
au_Aの場合

16GB 端末代金 2835 + 月々使用料 6755 – auにかえる割 980 – 毎月割 2835 = 5,775
32GB 端末代金 3225 + 月々使用料 6755 – auにかえる割 980 – 毎月割 2825 = 6,175
64GB 端末代金 3675 + 月々使用料 6755 – auにかえる割 980 – 毎月割 2815 = 6,635

となります。
ちなみに、ほぼ同じような条件でdocomoの場合は「ドコモへスイッチ割」のみの適用で…

16GB 端末代金 3990 + 月々使用料 5775 – 月々サポート 3990 = 5,775
32GB 端末代金 3990 + 月々使用料 5775 – 月々サポート 3570 = 6,195
64GB 端末代金 3990 + 月々使用料 5775 – 月々サポート 3150 = 6,615

となります。ただし、ドコモへスイッチ割は1年間のみの適用となるので…

16GB 端末代金 3990 + 月々使用料 6555 – 月々サポート 3990 = 6,555
32GB 端末代金 3990 + 月々使用料 6555 – 月々サポート 3570 = 6,975
64GB 端末代金 3990 + 月々使用料 6555 – 月々サポート 3150 = 7,395

この料金に1年後は戻ります。よって…
2年間利用するなら総額…
■docomo


32GB 80,400 + 83,700 = 164,100
64GB 79,380 + 88,740 = 174,660

すみません、再計算しています
16GB 69,300 + 78,660 = 147,960
32GB 74,340 + 83,700 = 158,040
64GB 79,380 + 88,740 = 168,120
申し訳ありません、32GBと64GBの試算に記載ミスがありました。訂正とともに、謹んでお詫び申し上げます。

■au

16GB 5,775 * 24 = 138,120
32GB 6,175 * 24 = 148,200
64GB 6,635 * 24 = 159,240

なお、この比較はMNPのみの各キャンペーン適用で試算しているので、キャッシュバックであったり、auスマートバリューの計算も含んでいないので、ご注意を!


■softbankで運用する場合
基本料金

基本使用料 ホワイトプラン(i)  980円
+ ネットワーク使用料S!ベーシックパック(i) 315円
+ パケット定額サービス パケットし放題フラット 5,460円
= 計: 6,755円

端末代金
そして、端末代金が…

16GB 68,040円
32GB 78,120円
64GB 88,200円

と、auと同じとなっています。

割賦金
softbankの月月割は…
まず、新規 MNP(他社からの乗り換え)の場合は

16GB 月額 月2,835円 実質負担額 0円
32GB 月額 月2,825円 実質負担額 10,320円
64GB 月額 月2,815円 実質負担額 20,640円

となります。
これを仮にsoftbank_Aとしておきます。
機種変更の場合は…

16GB 月額 月2,245円 実質負担額 14,160円
32GB 月額 月2,235円 実質負担額 24,480円
64GB 月額 月2,230円 実質負担額 34,680円

となります。
これを仮にsoftbank_Bとしておきます。

試算
それでは試算です。24回払いで…
softbank_Aの場合

16GB 端末代金 2835 + 月々使用料 6755 – 月月割 2835 = 6,755
32GB 端末代金 3225 + 月々使用料 6755 – 月月割 2825 = 7,155
64GB 端末代金 3675 + 月々使用料 6755 – 月月割 2815 = 7,615

softbank_Bの場合

16GB 端末代金 2835 + 月々使用料 6755 – 月月割 2245 = 7,345
32GB 端末代金 3225 + 月々使用料 6755 – 月月割 2235 = 7,765
64GB 端末代金 3675 + 月々使用料 6755 – 月月割 2230 = 8,200

となります。一括支払いの場合は
softbank_Aの場合

16GB 月々使用料 6755 – 月月割 2835 = 3,920
32GB 月々使用料 6755 – 月月割 2825 = 3,930
64GB 月々使用料 6755 – 月月割 2815 = 3,940


softbank_B
の場合

16GB 月々使用料 6755 – 月月割 2245 = 4,510
32GB 月々使用料 6755 – 月月割 2235 = 4,520
64GB 月々使用料 6755 – 月月割 2230 = 4,525

となります。
softbankはMNPの特典として、バンバンのりかえ割が適用できるので…
softbank_Aの場合

16GB 端末代金 2835 + 月々使用料 6755 – バンバンのりかえ割 980 – 月月割 2835 = 5,775
32GB 端末代金 3225 + 月々使用料 6755 – バンバンのりかえ割 980 – 月月割 2825 = 6,175
64GB 端末代金 3675 + 月々使用料 6755 – バンバンのりかえ割 980 – 月月割 2815 = 6,635

となります。

つまり、MNPで加入時はiPhone 16GBで…
■docomo 5,775円(以前docomoではなかった場合2年目は6,555円)
■au 5,775円
■softbank 5,775円
と全て同じ料金となり、(以前docomoじゃなかった場合は基本使用料は1年のみ無料です)

新規の場合は
■docomo 6,555円
■au 6,755円
■softbank 6,755円
とdocomoがちょっと安く

機種変の場合は
■docomo 6,555円
■au 7,345円
■softbank 7,345円
とdocomoが結構安く

なります!…計算間違ってないよね?
docomoは新規も機種変も料金が変わらないことが大きな違いで、既存ユーザーにも優しい対応となっています。これ以上の流出を防ぎたいという考えもあるんでしょうね。