iPhone iOS 5.0.1でバッテリー問題解決?

                  takaaki_11111201

機能リリースされたiOS 5.0.1でバッテリーお漏らし問題が改善されたらしいのですが、みなさんはどうでしょうか?

twitterなんかの雰囲気を見ていると、改善を実感されているユーザーと、そうでないユーザーがいらっしゃいますね。
ちゃんとバグは直ったってことなのではないかと思われているようですが・・・。

今回のアップデートの内容は次の通り。

  • バッテリー駆動時間に関する問題を修正
  • iPad(第一世代)のマルチタスキングジェスチャーを追加
  • “Document in the Cloud”機能に関する問題の修正
  • オーストラリア英語による音声入力時の精度が向上

これら4つのフューチャーがあるとはいえ、やはりバッテリー問題の改善が”メイン”といえるとおもいます。
(ところで、twitter見てると「アプデかけたら電波のつかみが悪くなった?」というような発言をしている方もいらっしゃるようですが。はて真相は・・・?)

また今回からパソコンのiTunesを使わずにアップデートできるようになったのも大きな変更点です。
AndroidのOTA、つまりガラケーの「携帯アップデート」と同じように電話機単体でアップデートが可能になったわけです。これまではパソコンに接続してバックアップをとり、長い時間をかけてアップデートするのがiOSだったのですが、これでアップデートはかなり手軽になったのではないでしょうか・・・?

Source : Engadget


iOSアップデートでも「バッテリー残量問題解決せず」- 新たな問題の報告も
WirelessWire Newsでは、今回のアップデートでも「電池持ちが改善されていない」、「Wi-Fi電波がつながりにくくなった」、「マイクロフォンがに不具合が出るようになった」という指摘もあるようです。

実際には自分で利用していみないと分からない部分もあるとは思いますが、twitterや2ちゃんねるから情報を収集してからアップデートを行う方が現状賢明のようです。友達に「iPhone調子どう?」と聞いてみるのもアリかも。