WindowsPhoneなら、アプリストアが学生に対して開放されてるっぽい?

                  emunoki_img_111018_02

最ちょっと気づいたんですけれど、WindowsPhone7のアプリストア「マーケットプレイス」って学生ならタダでアプリを公開できるんですね!

以前から学生向けプログラムDreamsparkを活用すればVisual Studio.netを始めとした各種開発ツール がタダでダウンロードできることは知っていましたが、まさかアプリストアがタダで使えるなんて…

Microsoftは、以前からコンピュータエンジニアを志す学生たちに優しくしてくれています。
同社のDreamsparkプログラムでは同社のサーバー向けOSや開発ツールといった高価なソフトウエアを無料で利用することができるのです。お金の無い学生にとって、無料で高性能なツールが手に入るのはこれ以上無い幸せです。

が、よーく見てみるとこのプロジェクトを利用すれば無料で開発できるだけでなく、お小遣いまで得ることができるようになっていました。
何故ならばWindowsPhoneのマーケットプレイスをつかって、アプリを公開できるから…そう、年間9800円の利用料を支払わずに。

ここでは当然、有料のアプリだって公開できます。となると、そこで売れたアプリの代金は・・・そのままお小遣いにすることができてしまうわけですね。
年間使用料や開発環境代金との相殺を考える必要がありませんから、まったくノーリスクでスマホアプリ販売に挑戦できてしまうことになります。なんだかこれは画期的だぞ!!!

Microsoft Dream Spark

Visual Studioが無料で手に入ることはよく知られていますが、マーケットプレイスがタダで使えることはあまり知られていないのでは?
auのWindowsPhone7.5搭載スマートフォン「IS12T」も安くなってきたことですし、今こそ稼ぎ時かもしれませんね!!

source : Windows Phone 7.5に向けて、DreamSparkを活用してください マイクロソフト アカデミックチームブログ