スマートフォン性能比較!!Galaxy S II (ギャラクシーs2) LTE VS iPhone 4S!次世代スマホを名乗れるのはどっち!?

                  emunoki_img_111022_01

さてさて、やってきましたiPhone4S!その挑戦を受けるのは現行 日本では最強スペックスマートフォンと言われているAndroid端末!海の向こうや、実は日本でも、Apple VS Samsungの特許争いが勃発してて、どちらが挑戦者か分からんようなアレですが、まぁ後から発表されたのはiPhone 4S、デザインやその他もろもろをリスペクト(ボソ パチってる…)のはGalaxy S IIなんですけどね…。

ということで、恒例の比較記事、いってみましょうか!

では、まずはスペックを。
iPhone 4S

・OS: iOS 5
・CPU: Apple A5 1GHz Dualcore
・GPU: PowerVR SGX543MP2
・メモリRAM: 512MB
・ストレージ: 16GB/32GB/64GB
・カメラ: 800万画素AFあり フラッシュ付き
・ディスプレイ: 3.5インチ Retina (640×940)
・サイズ: 115.2(H)x58.6(W)x9.3(D) mm
・重量: 140 g
・バッテリー: 約1,420mAh

Galaxy S II LTE

・OS: Android 2.3
・CPU: Qualcomm APQ8060 1.5GHz Dualcore
・GPU: Adreno 220
・メモリRAM: 1GB
・ストレージ: 16GB
・カメラ: 810万画素AFあり フラッシュ付き
・ディスプレイ: 4.5インチ Super AMOLED Plus (480×800)
・サイズ: 130(H)x69(W)x9.5(D) mm
・重量: 130 g
・バッテリー: 1,850mAh

では、詳細に見ていきましょう。
・OS
Apple製品に特化されたiOSと、汎用的なOSであるAndroid。
前回のiPhone 4 と Galaxy SではそのOSの差はまだまだiOSの方が有利という情勢でしたが、Android OSもずいぶんとパワーアップして、できることが増えてきました。また、互いに似たような機能も徐々に生まれ始めており(これは互いに機能をマネしたり、開発者の意見を参考にしたり…)今後は展開するサービス(AppleならiTunesやiCloud,AndoirdならYouTubeやGoogleMap等)をベースにした機能拡張等が主流になってくるのではないかと思います。


・CPU
iPhone:Apple A5 1GHz Dualcore
Galaxy:Qualcomm APQ8060 1.5GHz Dualcore
と、どちらもデュアルコアCPUを搭載しています。iOS 5からマルチコアに最適化したのでより高速に、よりマルチに動作してくれます。尚、iPhone 4Sは省電力を確保するために、800MHzにクロックダウンされている模様。対するGalaxy S II LTEは前機Galaxy S II からチップセットが変更されています。(Samsung Exynos 4210からQualcomm Snapdragon S3に変更) そして、1.2GHzから1.5GHzにクロックアップ!

・Androidスマートフォンがマルチコアに最適化するのは、Android 4.0からが本番

AndroidがOSレベルでマルチコアに最適化されるのは、Android 3.X(Honeycomb)から。現状Android 2.X(Gingerbread)ではマルチコアの最適化は開発メーカーに委ねられており、デュアルコアCPU搭載というスペックシートでの記述もあまり意味を成しません。触ってみないと分からない部分もあるんです。しかしこれからは、スマートフォンとタブレットが統合されるAndroid 4.0からスマートフォンでもデュアルコアCPUの性能を引き出すことが可能となるのです!

現状、予定ではGalaxy S II LTEはAndroid 2.3を搭載して発売される予定なので、Android 4.0にバージョンアップするまではベンチマークのスコアは伸びないかもしれませんね…。

尚、事前にリークされたベンチスコアはこちら。
「iPhone 4S」と他デバイスとのベンチマークスコアの比較


・GPU
iPhone:PowerVR SGX543MP2
Galaxy:Adreno 220
となっています。
Galaxyはチップセットが変更になったのと同時にMali-400MPからAdreno 220に変更されています。Mali-400MPはクアッドコアGPUを搭載しており多くのベンチマークにおいて上位を占める高機能プロセッサとなっていますが、第3世代Snapdragonに搭載されているAdreno 220もそれと同等レベルの機能を持ち合わせている模様。GPUの処理能力に関しだけ言えば、チップセットが変更になったとしてもそこまで変化はないと言えます。もちろん、それぞれの得意不得意があるので、画面出力結果に影響するかどうかは実機で確認するしかないのですが…。

対するiPhoneはどうでしょうか。
PowerVR SGX543MP2を搭載しました。前A4プロセッサーはPowerVR SGX 535を搭載していました。そして、ついこの前までのiOS 4ではA5プロセッサであっても、PowerVR SGX 535と同じ出力しか出せてなかったようです。今回のiPhone 4Sがいきなりベンチスコアがどかんと上がったのは、iOS 5を採用したPowerVR SGX543MP2のおかげだと思います。

ちなみにPowerVR SGX543MP2、Adreno 220、Mali-400MPこの3つが現行最強(といってもTegra3とかAdreno 305が出てきたらまた話は変わってくる)だそうです。

A5 PowerVR SGX543MP2 は iOS 5 だと速い

ちなみに、GPU性能の参考動画はこちら~。
Adreno 220

PowerVR SGX543MP2

ん~かなり描画性能も上がってきていますね!
PS3やXBOX 360レベルまであと1~2年ってところ。


・ディスプレイ
ディスプレイは4.5インチのGalaxy、3.5インチのiPhoneとなっています。Galaxyの4.5インチって結構女性にはキツイ大きさなんですよね…。しかもペンタイル配列じゃないとはいえ、480×800(WVGA)の解像度はHD解像度が主流になりつつある今にはちょっと即決する理由にはなりえないのかなぁと、個人的には思っています。もちろん、iPhone 4SもHDの解像度ではないんですが、画面サイズ
の割の高解像度なので、綺麗に見える&拡大してもクッキリなんですよね。ただ、やっぱ3.5インチは大きいディスプレイを使い慣れた僕にとっては!僕にとってはね!大事だから2回言ったけど、ちょっと窮屈かなぁと思ってしまうんです。ま、人によりますよね、ここは。


・サイズ
iPhoneの方が小型重いです。重いっても10gですけどね。かなり中身が詰まっていますね。ここは前回の比較と変わりません。サイズもGalaxyは大き目ですね。もうポケットに入れるならここらへんが限界かも…。


・通信速度
GalaxyはLTE対応、Xiの通信により、受信時最大37.5Mbps、送信時最大12.5Mbpsの高速データ通信(Xiエリア内一部の屋内施設では受信時最大75Mbps、送信時最大25Mbps)が可能です。これは確かに速い!もう家のネットワークいらんのじゃねぇか!ってレベルですが、まだまだ普及段階なんですよね、これ。いつもエリア内にいるときは非常にありがたーい機能ですが、郊外の方にはまだあまり馴染みのない技術でしょう。もうちょっと待たないといけませーん。とはいえ、それでもHSPAの受信時最大14Mbps、送信時最大5.7MbpsのFOMAハイスピードには対応しています。

iPhoneはLTEに対応していないので、HSPAでの通信となります。softbankでのみ受信時最大14.4Mbps、送信時最大5.7Mbpsの通信に対応しています。au版は受信時最大3.1Mbps、送信時最大1.8Mbpsに対応しています。
iPhone4Sのau版とsoftbank版の違いはこちら


さて、どっちが高性能かと言われますと…。まぁ、Galaxy S II LTEが未発売なんですが…。

現状はiPhone 4S

Galaxy S II LTEにAndroid 4.0が来たら互角レベル

なんじゃないかなぁと思います。Galaxy S II LTEがAndroid 2.3っていうところがミソなのでは。もちろん、Galaxy S IIの時点でかなりのスペックを誇っていたので、Samsungのチューニング次第では高いスコアが来るとは思いますが、ちょーっとばかしGalaxy S II LTEが届かない…のではないでしょうか。僕の予想ですけどね。

ちなみに、GLBenchMarkで比較できるので、参考までどうぞ~。
HTC Sensation vs iPhone 4S vs Galaxy S II LTE vs Galaxy Nexus