au 2011年秋冬モデルの良いとこ、悪いとこまとめ。その2 京セラ DIGNO ISW11K [発売前]

                  emunoki_img_110930_06

さて、auの秋冬モデルが発表されたので、良いところから悪いところまでまとめてみました。

ねがてぃぶきゃんぺーん?すてるすまーけてぃんぐ?
いやいや、僕が良いなぁとか、ダメだろ!とか思ったところをつらつらと述べるので、参考にするのもしないのもあなた次第!だって、スマホは高い買い物。しっかり選んで買ってほしいですからね!よし!連載の雰囲気が出てきた!

京セラからau向けとしては初のAndroidスマートフォンの登場です。

京セラ DIGNO

DIGNOは(ディグノ)と読みます。

■良いところ
+WiMAXに対応

—パケット定額通信に+525円でWiMAX利用可能。テザリングもOK!下り最大40Mbpsの爆速を体感しましょう!

ワンセグ/おサイフケータイ/赤外線通信機能搭載

—フィーチャーフォンからの乗り換え組みも安心の3種の神器搭載です。

WIN HIGH SPEEDに対応

—3G網での高速通信WHSに対応しています。WiMAXエリア外でも下り最大9.2Mbpsの高速通信が可能です。

Wi-Fiテザリング可能

—WiMAXや3GのエリアでWi-Fiアクセスポイントとして利用可能です。最大5台まで同時接続可能。尚、3G通信時にテザリングを利用すると、膨大なパケット通信により、規制の対象になる場合があるのでWiMAXエリア内で利用することを心がけましょう。

防水機能

—IPX5/IPX7等級の防水性能を持っており、お風呂やキッチンでも水濡れを気にせず利用できます。

最薄部厚さ約8.7mm

—au秋冬モデルとしては最薄の約8.7mmを実現しています。端末はくさび型となっており、カメラがある上部に向かって曲線を描いています。

source:app-coming.jp

SUPER AMOLED採用ルミナスディスプレー(有機EL)

—GalaxySシリーズに搭載されているSamsung製有機ELディスプレイを採用。また、ガラスには傷が付きにくい強化ガラスを使用しています。

秋冬モデル向けにチューンナップされたOceanUI

—さらに快適になったOceanUIが搭載されています。アプリ一覧画面からのアンインストールやカテゴリ別のカラー分けされたランチャー画面が良い感じですよね!

動画はITmediaから。

サクサク動作快適ブラウザ

—動画のスマートフォンはまだ試作機の段階なのですが、すでにブラウザもかなり速く動いていると思います。WiMAXによるページ読み込みもストレスがなくGood!

動画はITmediaから。

「すぐ文字」機能

—ロック画面から直接メモアプリを起動することが出来て、とっさの時にもすぐにメモを取ることが可能です。もちろん、書いたメモは各種アプリに転送することも可能。手書き入力にも対応しています。生存政略ーぅ!

動画はGIGAZINEから。

その他

・マルチタッチは10点認識
・メモリRAMは1GB搭載
・文字入力はiWnn IMEを採用
・Android OS 2.3.5
・KDDI向けに新規に開発


■悪いところ(発売時には改善されている可能性あり)
バッテリーの持ち

ISW11Fでも少ないと感じるバッテリー容量が、こちらはさらに少ない1,220mAhとなっています。正直、WiMAX通信をしないスマートフォンでもこの容量は少ないと感じるでしょう。テザリングを行うのならばなおさらです。ほんと…薄さよりも、バッテリーの容量を上げてほしいよ…。

クレードルに未対応

—防水機能をもつこの端末。クレードル(置き型の充電台)に対応していません。microUSBケーブルでの接続で充電を行います。防水端末はその仕様の為ケーブルのポートやリアカバー等にはパッキンが仕込まれており、水が入らないようになっています。しかし、何回も蓋のパッキンを開け閉めするとだんだんと緩くなっていき、防水機能を損なう危険性があるのです。その問題を回避するために防水端末にはクレードルが同梱される場合があるのですが、今回はそもそも機種が対応していません。残念…。

解像度がWVGA

—qHDやHDの解像度が同秋冬モデルで発売される中、WVGA止まりです。とは4インチの大きさで有機ELディスプレイなら、そこまで気にはならないかも。しかも上記のサクサク動作や快適なブラウザは低い解像度が一因になってくれていそうなので、一概にダメだと決めつけないようにしたいところ。

ISW11Fと被ってる?

—WiMAX、WIN HIGH SPEED対応、防水機能+ガラケー機能搭載と、全部入りスマートフォンとしては、コンセプトがISW11Fと被ってしまっており、ISW11Fの下位互換的な存在になってしまっているような雰囲気です。そこまで話題にも上ってないんですよね…。ちょっと辛いところではありますが…。


総評:
ハイスペックならISW11F、EVO 3D、PHOTON。エントリー向けならIS11N、IS13SHという風に捉えられがちで、どうにも中途半端なイメージを皆さんは抱いているのかもしれません。しかし、実機動画を見てみると結構サクサクと動いていますし、バッテリー対策(予備バッテリーやモバイルチャージャーを持ち歩く等)を行えるのならば、選択肢としては良いかもしれません。あとは、価格ですね。ISW11Fと同じ端末代金…とかだとちょっと勝ち目は薄いかもしれません。