NTT docomo 初代Playstationのゲームも遊べるゲームパッド付きスマホ Xpria PLAY SO-01D を正式に発表!

                  emunoki_img_110914_02

NTT docomoおよびソニーエリクソンは本日9月14日、AndroidスマートフォンXpria PLAY を正式に発表しました!今年の春にグローバルモデルとして発売されたXpria PLAYの日本仕様の端末となっています。発売時期は2011年10月~11月です。

Xpria PLAYは初めて「PlayStation Certified」を取得した端末で、初代PSのゲームをエミュレートして遊ぶことができます。また、現状スマートフォンにはゲーム操作用のボタンが存在しないのですが、この端末には十字キー、△○×□ボタン、アナログパッドに対応するキーパッドを搭載しており、ボタン操作を主体としたゲームも快適に遊ぶことができます。

OSはAndroid2.3、
SoCにはSnapdragon MSM8255、
メモリRAMが512MB、
内臓ストレージは1GB、
ディスプレイは約4.0インチ フルワイドVGA(480×854ドット)液晶、
フロントに約30万画素、リアに約510万画素のCMOSカメラを搭載しています。
下り最大14MbpsのFOMAハイスピードにも対応。

「クラッシュ・バンディクー」
「みんなのGOLF2」
「Asphalt 6」
「Star Battalion」
「Bruce lee Dragon Warrior」
の5種類のゲームがプリインストールされています。


PS VitaがdocomoSIM差し替えで利用できるのが分かったので、この端末を今更買いにくる層はかなり限られているんじゃないかと思うんですが…。

情報元:NTT docomo