iOS5ではSIMフリー派が大敗北?えっ??

                  emunoki_img_110911_01

9月1日にiOSの次期バージョンの最新ベータ「iOS5 beta7」が配布されましたが、このベータではSIMフリーモデルであっても”正規販売キャリア”のSIM以外を受け付けなくなっているとのこと。

つまり、SIMフリーモデルをdocomoで使っている人は・・・ご愁傷さまということに・・・?

この件は、林檎塾さんのサイトで書かれた以下のエントリで明らかにされ、一部で話題になっています。

iOS5 beta7で日本通信SIMが終了のお知らせか!?

この情報によると、iOS5 beta7ではdocomoを始めとしたAppleに認められていないSIMは使用できないようになったとのこと。
な、なんだってーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

APNなどの接続先設定も操作できなくなったようですし、beta2の段階でSIMの下駄履きは対策がされているようです。こりゃ、このままでは本格的にSIMフリーユーザの死亡が決定的に・・・

一時期SIMフリーモデルのiPhone4と自社SIMを抱きあわせて販売していた日本通信(b-mobile)は例外的に、このサイトの下部にあるプロビジョニングファイル(.mobileconfig)をダウンロードしてインストールすれば一応は利用可能であるとのこと。
ただし、iOS4で利用できたテザリング機能については塞がれてしまっているようです。

この制限、なんらかのバグの可能性も考えられるようですが、もしそうではなくこの状態のままGM(Golden Master = 最終版)リリースが出ればSIMフリー派はついに大敗北ということになりそう。
「端末の利用可能範囲を狭める」なんて、普通のメーカーならなかなかできないと思うんですが・・・しかし彼らはAppleです。や、やりかねない(汗

 

iPhoneの正規販売が認められているキャリアは販売制限などの”枷”をはめられて商売をしているわけで、SIMフリーでただ乗りするキャリアが卑怯だという論もわからなくは無いですが・・・
回線状況からソフトバンクを敢えて避け、docomoで使っているユーザがあまりに不憫です。

ユーザーとしてはやっぱり、いい端末は速い回線で使いたいですよね?
とりあえずキャリアに金は払って、高速回線はPocketWiFiでも使えよってことなんでしょうか。うーむ・・・