Android次期バージョン「Ice Cream Sandwich」 お披露目は10月?

                  NewSrider_img_110819_01

スマートフォン向けでは前バージョンのGingerbreadから実に10ヶ月、ようやくゴールが見えてきましたね。

スマートフォン、タブレット統合Androidである次期バージョン「」の登場が10月になるようです。

現行スマートフォン向けAndroidである2.3のGingerbreadバージョンは昨年の12月6日ですから10ヶ月ぶりのメジャーアップデートとなります。

ただ、今回のIce Cream Sandwichは皆さんご承知の通りタブレット向けAndroid 3.0のHoneycombと統合される為、正確にはHoneycomb正式発表日の2月2日からの8ヶ月でのメジャーアップデートですね。

主な変更点として現在挙げられているのはUIをHoneycombテイストにし、スマートフォンとタブレットの基礎インターフェイスを統合することです。

この画像はIce Cream Sandwichのホーム画面ですが、正直これだけだと分かりづらいですね。

Honeycombと同じく青を基調とするそうです。アイコンをとってみてもHoneycombベースであることが分かります。

なお、メジャーアップデートに付きものである次期Nexus PhoneはNexus Primeという名称で4.5inch HDディスプレイ(1280×720)、1.5GHzデュアルコアCPUを搭載するそうです。

Nexusシリーズはそのバージョンを搭載するにあたって基準となるモデルだけに、冬モデルを選ぶ際にはHDディスプレイ、デュアルコアを念頭に考えておくべきかもしれません。

一方で、この高スペック要件は既存端末にも影響を及ぼす可能性があります。

上記の画像はNexus Sのものであり、現行の第二世代Snapdragonで動かないということはないでしょうが、ハードウェア構成の基準引き上げはやむを得ず、場合によってはメジャーアップデートを断念せざるをえない端末が多く出てくるものと思われます。

ですが、個人的にはHoneycomb UIには非常に好印象を抱いているため、多くのユーザーの方にIce Cream Sandwichバージョンが行き渡るよう、メーカーさんには頑張っていただきたいものです。

 

ソース

http://www.engadget.com/2011/08/11/android-ice-cream-sandwich-pictures-leak-leave-us-cold/

http://www.engadget.com/2011/08/18/samsung-nexus-prime-serving-up-ice-cream-sandwich-in-october/