シャープ、延期していたGALAPAGOSタブレットのAndroid2.3アップデートを本日8月11日から配信!

                  emunoki_img_110811_08

シャープは延期をしていた メディアタブレットへのAndroid2.3アップデートを、本日8月11日から開始しました。今まで『AndroidベースのOS』という位置づけだった同端末が正式にAndroid OSを搭載した恰好となります。尚、GALAPAGOS はタブレット製品ですが、今回のアップデートで対応するAndroid2.3(Gingerbread)はタブレット向けにチューニングされたOSではありません。

今回のOSアップデートにより、新たに利用できる機能と、今後利用できなくなる機能があります。アップデートする際にはご注意ください。

■アップデート後に利用できる機能
・Android OS 2.3

基本的な操作仕様がAndroidに準拠します。今までのホーム画面扱いだった「デスク」画面はGALAPAGOS App for Mediatabletのウェジェットをタップすることで利用出来ます。ホーム画面をデスク画面に設定することも出来るので従来のような使い方も可能です。

・辞書コンテンツご購入/辞書機能のみの単体使用に対応

・Android マーケットに対応

マーケットにあるアプリをダウンロードすることが可能になります。これで、性能をスコアリングしたり、ゲームアプリで遊んだりといった新しい利用方法が生まれます。

・「AQUOSリモート」 アプリに対応


・YouTubeや音楽再生など、Android標準のGoogleアプリなどを搭載

モバイルGoogleマップもありそうですね。ただ、本体がWi-Fi通信しか対応していないので、あまり利用する機会は無いかもしれませんが…。

・キーボードのフリック入力に対応

・システムリセットが可能に

端末を初期化することが可能になります。

・各種設定方法を変更

書籍閲覧に関する設定は、GALAPAGOSアプリの「ツール」-「各種設定」、
その他のAndroid設定はホーム画面から「ランチャー」-「設定」で行います。ちょっとややこしいかも。


■アップデート後に利用できない機能
・専用アプリ「mixi for SH」「twit SH」

各クライアントアプリが利用できなくなりますが、Androidマーケットに無料で公開されているアプリをインストールできるのでそこまで問題にはならないでしょう。後述のPDFビューア、Flash Playerも同様。

・キーボードの手書き入力機能

・PDFビューア機能

・省エネ動作モード

・Adobe® Flash Lite 4.0

・ブラウザ画面下部の操作ボタン

ブラウザ画面下部の操作ボタンが無くなります。代わりにホームキーの長押しで、操作メニューを表示させます。今までとボタン動作が変化するので、少し戸惑うかもしれませんね。

全体的な内容を見てみると、よほどのことが無い限りアップデートした方が良いと思います。特に不便になるわけでもなく、ストアID等も引き継がれるので問題ないと思います。ただ、一度アップデートしてしまうと元に戻せないので、このままが良い!という方はアップデートを行わないように注意してくださいね!

シャープ 新システムソフト「Ver.2.00a」適用によるAndroid™ 2.3へのOS変更について