au 2011年秋冬モデル スマートフォン噂情報まとめ! その2 発売の可能性が比較的高いもの。 [9/25更新!]

                  emunoki_img_110805_12

秋冬モデル スマートフォン噂情報その2です。ここでは、FCCやWi-Fi認証、UA-Prof等で端末情報が一部判明しているスマートフォンになります。大きく内容が異なって発表される可能性もあるので、ご注意ください。

9/25 au公式サイトからリークされた6機種の情報を掲載しました。

事前情報と、発売が確定済みスマートフォンの紹介であるその1はこちらから。
噂情報と妄想でいっぱいの、でも出てきたらすごくハッピーなその3はこちらから。

■秋冬モデルとして発売が確定しているもの

Motorola Photon ISW11M [9月26日更新]
HTC EVO 3D ISW12HT [9月26日更新]
京セラ DIGNO ISW11K [9月26日更新]
富士通 ARROWS Z ISW11F [9月26日更新]
シャープ AQUOS PHONE IS13SH [9月26日更新]
NEC MEDIAS BR IS11N [9月26日更新]

MIRACH (ミラク) IS11PT Pantech
Windows Phone IS12T 富士通東芝
IS11T 富士通東芝 物理キーボード搭載スマホ

■秋冬モデルとしての発売の可能性が比較的高いもの

iPhone5 [9月22日更新]

IS11LG LG Revolution ベースのWiMAXスマホ?
IS11LG 物理キーボード搭載デュアルコアスマホ [9月7日更新]
IS11K 京セラ 簡単スマートフォン

■噂や妄想レベルなもの

IS12PT Pantech 防水 Vega Racer
Galaxy S II WiMAX SPH-D710
HTC EVO View 4G タブレット


Motorola Photon ISW11M

いきなりスゴイのが登場するかもしれません。Motorolaが米Sprint向けに投入したMotorola Photon 4Gをベースにした端末のようです。7月31日に米国で発売されたばかりのスマートフォンで、1GHz CPUを2つ搭載したTegra 2チップセット、1GBのRAMメモリ16GBのROMメモリ、解像度qHD液晶、WiMAX対応と、内蔵スペック、ネットワークともに非常に性能の高い1台となっています。 バッテリーも1,700mAhと大容量。

Picasaに投稿された写真の詳細データには『』の名前が記載されており、その1の事前情報のネーム法則だと「WiMAXに対応したMotorola製」スマートフォンとなり、現状はMotorola Photon 4Gのみが条件に当てはまります。海外ではすでに実機のレビュー動画が掲載されていますが、それなりに快適には動いている模様。

ちなみに、SIMスロットは搭載しているみたいですが、これはW-CDMA/GSMのローミング用のSIMスロットのようで、auCDMA2000方式のSIMスロットは無いようです。

9月25日追記:

au公式サイトからリーク。

WiMAXとデュアルコアCPUで驚きのスピードを ビジネスやプライベートで体験できる、4.3イン チ大画面のWiMAX搭載スマートフォン。

9月26日追記:


HTC EVO 3D ISW12HT

ハイスペックが続きます。HTCが公開したUAProfに、ISW12HTの文字が記載されていますので、この型番でHTCが端末を投入することはほぼ確実。問題はその端末が何になるか?という所なのですが、確率としてはの方が高いように思えます。
Picasaにアップロードされた写真は、『HTC EVO 3Dらしき端末をISW12HTという端末で撮影した』写真となっており、おそらく
= HTC EVO 3Dなのでは?とのこと。

また、FCC認証を通過した時のラベルの形状が海外で発売中のHTC EVO 3Dのラベルとぴったり一致するようです。やはり、HTC EVO 3Dがauから投入される可能性は非常に高いということなのでしょうか。

情報元:Blog of Mobile!!(via ゼロからはじめるスマートフォン)

9月25日追記:

au公式サイトからリーク。

4.3インチ大画面3D液晶搭載。デュアルコアCPU&WiMAX&HTC Senseでよりスピーディな操作感。

9月26日追記:

HTC EVO 3DはAndroid2.3、1.2GHzのデュアルコアCPU、1GBのRAM4GBのROM4.3インチqHDディスプレイ、500万画素のリアカメラを2つ備え、3Dの静止画/動画の撮影が可能です。1,730mAhのバッテリーを搭載。ただし、米Sprint向け端末なので、SIMスロットがありません。別にEVO WiMAX ISW11HTもSIMスロット無しで発売されているので、特に販売の際に問題になるということではありませんが、フィーチャーフォンからの乗り換えユーザーは注意しないといけません。

参考までにMotorola Photon 4GとHTC EVO 3Dの比較動画を張っておきます。


京セラ DIGNO ISW11K

簡単ケータイかも?との噂を払しょくするリーク情報が出てきました。ベンチマークアプリ「AnTuTu Benchmark」にのベンチマーク結果が登場しており、ネーム番号から察するに、京セラ製WiMAX対応Androidスマートフォンの可能性が高いです。さらに、CPUのクロック周波数が1401.6MHzとなっているので、Qualcomm Snapdragou MSM8655T 1.4GHzを搭載していることも明らかになりました。WiMAX + 高クロック周波数CPUということで、簡単スマホではないような気がします。続報を待ちます。

(via Blog of Mobile!! )

9月25日追記:

au公式サイトからリーク。

WiMAX搭載スーパースリム防水モデル! 高精彩有機ELディスプレイで美しい機能と美し さを兼ね備えたスマートフォン。

9月26日追記:


富士通 ARROWS Z ISW11F

富士通(旧東芝の開発部?)製のWiMAXスマートフォンの情報です。
確定事項として、WiMAXに対応していることが分かっています。
その他、噂として
・デュアルコアCPU
・解像度HDディスプレイ
・おサイフケータイ対応
・赤外線通信対応
・防水機能搭載
というハイスペック+日本独自機能が光る1台とかなり期待のできるスマートフォンになりそうです。是非、このままの噂どおりのスマートフォンとなってほしい!

(via ゼロから始めるスマートフォン )

9月25日追記:

au公式サイトからリーク。

デュアルコアCPU&4.3インチ高精細画面でHD高画質をサクサク楽しめる、WiMAX搭載、防水対応スマートフォン。

9月26日追記:


シャープ AQUOS PHONE IS13SH

シャープからも秋冬モデルとしてスマートフォンが投入される模様です。TELECを「CDMA SHI13」の型番を通過しており、発売が控えているのはほぼ確実でしょう。問題はどんなスマートフォンになるのか?ということなのですが、現状判明しているのは
・WiMAXに非対応
・WIN HIGH SPEEDに対応
ということのみ。噂ではINFOBARの後継機?と言われていますが、詳細はまだ不明です。続報を待ちましょう。
シャープのスマートフォンは近年、赤外線通信・おサイフケータイ・ワンセグ・防水等の日本独自機能を意欲的に搭載してきているので、今回のもガラケー機能は期待してもいいんじゃないでしょうか。
(via Blog of Mobile!! )

9月25日追記:

au公式サイトからリーク。

手にフィットするなめらかスリムフォルム。時計を常時表示するメモリ液晶搭載の防水対応スマートフォン。

9月26日追記:


NEC MEDIAS BR IS11N

au公式サイトからリーク。

片手操作もスムーズなコンパクトサイズに、7色に輝くイルミネーション。 エレガントな防水対応スマートフォン。

9月26日追記:


iPhone 5

筆者も目ん玉飛び出ています。まさかまさかのiPhone5!?
日経ビジネスが報じたのはKDDIからiPhone5が発売されることで話が動いている模様。ただし、海外で発売中のCDMA版iPhoneは周波数が日本では新800MHz帯が対応、おまけにauのカバーが広い1900MHz帯、旧800MHz帯が対応していない…。さらに言うと、2012年7月まではLTEとの兼ね合いもあって帯域幅が狭い中でサービスを行わないといけないので、ユーザーがどっと流れ込んできたら「全然繋がらない!!」という状況にも成りかねません。
本当に発売するのか、発売するならどう対処していくのか。続報を待ちます。
なんと、KDDIからiPhone 5が発売!!!?ついにsoftbankの独占体制が終結!


IS11LG LG Revolution ベースのWiMAXスマホ?

こちらも既にWi-Fi認証での型番が確認されており、LG電子がau向けとしては初めてスマートフォンを投入することになりそうです。ただ、型番以外はまだ不透明な部分も多い端末で、一部では米Verizon向けに投入されたをベースにWiMAX通信機能を搭載したモデルという噂もあります。しかし、もともとLG RevolutionはW-CDMAとLTE通信をサポートしており、CDMA2000 + WiMAXの方式に対応させる為にはチップセットを変更しなければいけません。となると、なかなか厳しいのでは?という予想もあります。どちらかというとミドルレンジローエンドモデルの印象の方が強いです。さらに言うとWiMAX対応ならば、型番がISW11LGとなるはずなので、IS11LG = LG Revolutionと決めるにはまだ情報が少ないですね。もう少し様子見です。

9月7日追記:

IS11LG 物理キーボード搭載デュアルコアスマホ


LG-LU6500という端末画像とスペックがリークされました。これは韓国で発売予定ですが、こいつをベースにした端末がIS11LGになる可能性が高いそうです。
ちなみに、この端末のスペックは
・OSがAndroid2.3.4
・SoCはNVIDIA Tegra 2 + Qualcomm MDM6600
・CPUは1.2GHzデュアルコア
・RAMが1GB
・ストレージが8GB
・500万画素のリアカメラ、30万画素のフロントカメラ
・1500mAhのバッテリー
・カラーはWhiteとBlack
・4インチNOVAディスプレイ
・解像度はWVGA(800×480)
ということです(確定ではありませんが…)

物理キーボード付きでこのハイスペック。人気の出そうな端末です!

情報元:Blog of Mobile!!


IS11K 京セラ 簡単スマートフォン

※画像は簡単ケータイ「K010」

京セラからもスマートフォンが投入される予定です。今年初めに京セラが今年度内に国内市場に投入する意向を示したこともあり、発売が期待されています。夏モデルとしては投入されなかったので、秋冬モデルでの登場ということになるでしょう。3月にはの型番がリークされています。当初は京セラが海外市場に投入している『Kyocera Echo』が発売かも?との噂でしたが、どうやら日本人には大きすぎるサイズだったらしく、発売は見送られたらしいです。かといって、『Kyocera Zio』という訳でもなさそう。

これでもなく、あれでもない…。

では何が登場なの?という話になるのですが、どうやら『簡単スマートフォン』になるのでは?とのこと。京セラは現在KDDI向けに「簡単ケータイ」シリーズを投入しており、そのブランドをスマートフォンにも持ってくる…という噂です。とはいえ、上記のような『フィーチャーフォンライクなスマートフォン』になるのか、MIRACH IS11PTやdocomoのPalette UIのように、フルタッチ端末の上に載せるシステムで『簡単さ』を出すのかも不明なので何とも言えないところです。とはいえ、Android版の簡単ケータイは十分発売される可能性はあると思っているので、あながちこの噂も間違っていないのかもしれませんね。

情報元:ルロ通信 (via Google Pad)


情報元: Newsrider,
Blog of Mobile!! ,
ゼロから始めるスマートフォン,
Google Pad