パナソニック デュアルコア 電子書籍向けタブレット UT-PB1 8月10日に発売!

                  emunoki_img_110722_04

パナソニックは本日7月22日、デュアルコアSoCを搭載したタブレット端末を8月10日に発売することを発表しました。電子書籍向けなのにデュアルコアとは、なかなかにリッチですね~。

UT-PB1はAndroid OSをベースとした電子書籍リーダーのしての役割を果たすようです。7インチのTFT液晶、解像度がWSVGA(1024×600)400gと比較的コンパクトな端末となっています。長時間書籍を読み続けても疲れにくくなってそうですね。
マイデスクトップという、いわゆるホーム画面にはチラよみ、読みかけ、未読、お気に入りといったように書籍をグループ分けしてまとめておけるようです。『どの画面からでもホームボタン一発』でマイデスクトップを開くことができるようで、Android端末と同様の動作をしてくれる模様。

Wi-Fi接続はIEEE 802.11 b/g/nとなっています。バッテリーは内蔵型リチウムイオンで1530mAhとなっています。ちょっと少ないかも…。USB端子3.5mmのステレオミニジャックが端末に搭載されています。ROMメモリは8GBで、ユーザーの使用領域は約5.5GBとなっています。外部メモリのmiroSD 最大2GB、 microSDHC 最大32GBにも対応。

プリインストールアプリには、ブラウザやメーラー、カレンダー、アドレス帳、乗り換え案内、radiko.jp、ウェザーニュースタッチ、日経電子版等があります。尚、他Android端末とは違って、マーケットから自分でアプリをダウンロードすることはできません。

どうやらデュアルコアは、独自UIを滑らかに動かしたりといったパフォーマンスの充実の為のようですね。
同日に開始される楽天の電子書籍サービス「Raboo」にも対応しています。ターゲットの年齢層はそこまで幅広くないかも?公式ページも落ち着いた雰囲気になっています。

尚、予約キャンペーン発売記念キャンペーンも行うようですよ~。数に限りがあるのでお早めに。

UT-PB1 公式サイト