ガセ?本当?次期ソニーエリクソンハイエンド端末、Xperia DUO の考察と噂まとめ![Xperia NOZOMI]

                  emunoki_img_111106_03

先日からちょいちょいお話に上っているソニーエリクソン製のハイエンド端末 DUO。ソニエリ初のデュアルコアCPUを搭載しているとのことですが、果たしてその真相は??今現在判明している情報や噂でまとめをしてみます。

[最終更新日 : 11月6日]

・リーク情報や噂(確定事項ではないのでご注意ください)

名前 Xperia
モデルナンバー /LT26a
OS Android OS 4.0(Ice Cream Sandwich) or 2.3.5(Gingerbread)
SoC Qualcomm Snapdragon MSM8260 Dualcore 1.5GHz
GPU Adreno 220
ROMメモリ 32GB
RAMメモリ 1GB
ディスプレイ 4.3インチ
解像度 HD(720×1280)
カメラ 12メガピクセル Exmor R
バッテリー 1750mAh

・モバイルブラビアエンジン対応
・Xperia arcの後継機
・9月に発売予定(日本は11月に冬モデルとして登場)
・2012年初頭に発表予定。発売は2012年3月
・コードネーム『Nozomi』『希』
・型番はSO-02D (SO-01DはXperia PLAY)
・兄弟機にコードネーム『Aoba』あり?
・microSIMカード対応
・microSDカードスロット非搭載
・バッテリー取り外し不可
・NFCに対応


では、それぞれの項目についての考察を。

■名称

名称は、 もしくは小文字でduo。デュオはよく2人組とか二重奏等、『2つ』を意味する言葉としてよく知られています。デュアルコアCPUに倣って付けられた名前なのでしょうか。

■OS

OSはAndroid 2.3。噂情報だと、9月発売とされていますが、この時期にGoogleからAndroid 4.0 Ice Cream Sandwichがリリースされる予定です。Xperia DUOはGoogleが提唱する次世代Androidスマートフォンのスペックには到達していると思うので、Android 4.0が搭載されてもおかしくはないでしょう。NFCや前面カメラ等、Googleが最近注力している機能をXperia DUOが搭載しているかどうかも気になるところですね。逆にAndroid2.3だと時期的にはちょっと悪いかも。

■SoC

SoCはST-Ericsson製のNova A9500を載せたものらしいです。Nova A9500はCortex-A9のデュアルコアにARM系Mail 400等のGPUコアを統合したプロセッサとなっています。

ベースバンドチップは次世代高速通信のLTEを対応させることもできますが、docomoの2011年冬モデルにLTE対応のソニーエリクソン製スマートフォンはラインナップに含まれていないようです。

[追記 2011/9/2]
デュアルコア1.5GHzに変更しました。ST-Ericsson製かどうかはまだ不明です。
[追記 2011/10/3]
Nenamark1の測定結果により、Qualcomm製のSnapdragon S3ということがほぼ確定しました。

■記憶領域

ROMメモリが8GBRAMメモリが1.5GBとなっています。現状、Xperia arcのスペックはROMが1GB、RAMが512MBなので、飛躍的に容量がアップしていますね。
[追記 2011/9/2]
ROMメモリが32GB、RAMメモリが1GBに変更です。妥当な数字に落ち着きましたねぇ。RAMメモリはできればもう少しあれば良いのですが…。

■カメラ

カメラが12メガピクセルです。1200万画素はスマートフォンの中でもずば抜けた性能ですね。ソニーエリクソンのCMOSイメージセンサーと言えば『Exmor R』。Xperia arc、acroには有効画素数813万画素まで対応したExmor Rのモデル:IMX105PQが使われていますが、有効画素数1641万画素のモデル:IMX081PQという製品も実は存在しています。
有効1641万画素の携帯電話向け 裏面照射型CMOSイメージセンサー“Exmor R”を商品化
デジタルカメラ向けには1200万画素のExmor Rセンサーが提供されていますが、携帯電話向けには有効813万画素と有効1641万画素しか提供されていません。有効1641万画素Exmor Rはauから発売中のCyber-shotケータイ S006に搭載されています。

レンズがちょっと大きめですね。

■バッテリー

2500mAhですか…。この数字が今回のリーク情報がガセネタだと指摘される所以でもあったりするのですが…。現状、Xperia arc、Xperia acroのバッテリー容量は1500mAh。比較的容量が多いと言われているGalaxy S IIでも1650mAhなので、かなりの容量ですよね。Mugen Power製のバッテリーだと、4500mAhというトンデモナイ数字が出てきていますが、その分、見た目もトンデモナイことになります。

Mugen Power製のバッテリーはこちら

ぶ…分厚い…。流石にここまで分厚くはならないでしょうが、Xperia arcのような薄さを維持しながら2500mAhという大容量を確保するのはやはり厳しいのでは?

[追記 2011/9/2]
1750mAhという噂です。うん。流石に2500mAhはちょっとやり過ぎというかどう解決するんだろうと思っていましたが、1750mAhなら実現できそうなレベル。Galaxy S IIで1650mAhなので、電池の持ちは良くなりそう…と思いましたが、解像度がHD(720×1280)という噂なので、ディスプレイの消費電力もかなり上がりそう…。電池の持ちはかなり重要なポイントなので続報に期待します。

UAProfの存在

Xperia DUOのものと思われるUAProf(ユーザーエージェント・プロファイル)がすでにソニーエリクソンから公開されています。モデルナンバーはLT18iです。
頭文字にLTと付くのはXperia arcのようなフラッグシップ製品になることから、LT18iがXperia DUOの可能性が高そうです。
で、LT18iのUAProfを覗いてみると…。

  • OS:Google Android 2.3
  • 解像度:FWVGA(854×480)
  • CPU:ARM Cortex A8
  • 物理キーボード:非搭載

  • となっています。

    んん?これはオカシイ。
    LT18iがXperia DUOならば今回のリーク情報とかみ合いません。解像度はFWVGAがqHDになっているし、CPUはCortex A8からCortex A9になっています。ということはやっぱりガセネタなの?

    と、思ったのですがどうやらUAProfが正確な情報で書かれていない場合もあるようなので、100%ガセネタ!と言い切ることもできません。

    [追記 2011/9/2]
    LT18iはXperia arc S(コードネーム Ayame)でした。Xperia Duo (Nozomi)の端末番号はLT26i/LT26aとなるようです。LT26iがグローバル端末で、LT26aが米国向けになるとのこと。

    [追記 2011/9/2]
    Xperia blogが『信頼できる情報元から得た情報』として公開したスペックによると、
    デュアルコア1.5GHz、
    RAMが1GB、
    ROMが32GB、
    4.3インチHDディスプレイ、
    バッテリー1750mAh、
    NFC搭載
    microSIM
    となっています。発売は来年の3月に登場とのこと。NTT docomoの新製品発表会でお披露目となるのでしょうか?3月に発売ならこの時期に発表はちょっと早い気も…。
    [追記 2011/9/8]
    2012年1月に発表、3月に発売と、前機Xperia arcと同じような流れで発売される可能性が高いようです。
    また、OSにはスマートフォンとタブレットを統合したAndroid 4.0(Ice Cream Sandwich)が採用されるようです。

    Blog of Mobile!!

    [追記 2011/10/3]
    Nenamark1の測定結果に登場。

    これで、GPUが『Adreno 220』となっているので、デュアルコアの「Scorpion」を搭載したSoCであるSnapdragon S3で、ほぼ確定となりました。CPU動作周波数は1.5GHzとなっています。

    また、液晶もHD解像度(720×1280)でほぼ確定。

    このチップセットなら高解像度へのディスプレイ出力も問題ないと思いますが…。解像度が高いとそれだけ画面に出力する負担が大きいですからねぇ。動作している動画とかも早く欲しいですね!

    尚、測定結果はAndroid OS 2.3.5となっていますが、バージョンは発売時期によって更新される可能性もあります。

    [追記 2011/11/6]
    端末画像が複数リークされました。

    端末下部にXPERIAのロゴ。
    3つバックライトが光っている箇所はナビゲーションキーです。
    左から
    “戻る”、”ホーム?”、”設定?”のボタンっぽく見えますね。

    背面。若干外側に反っているように見えるのは僕だけ?
    カメラ、フラッシュ、サブマイク、ソニエリロゴ、XPERIAロゴが見えます。
    また、下部ライトが1週回り込んでいるようです。これはオシャレ。
    あとは気になるのが、赤外線ポートらしき長い楕円形の部分ですが・・・グローバルモデルに赤外線通信なんてつかないだろうしなぁ・・・NFC関連の何かかなぁ・・・と予想します。

    内側カメラも右上に確認できます。

    Quadrantのスコア。1750オーバーです。

    RAMメモリは691MBということで、積んでいるのは1GBでほぼ間違いないようです。
    Androidバージョンは開発段階だからでしょうか、4.0ではなく、2.3.5となっています。
    解像度は(720×1280)HDディスプレイで確定でしょう。