Xperia arc SO-01Cのアップデートには実はバグが!?携帯が無音状態になる場合がある?

                  emunoki_img_110714_04

えー先日、大したことないやろ!とあまり期待していなかったXperia arc SO-01CのAndroid2.3.3へのアップデートの件ですが、かなりの良アップデートで満足でした。でも、数日試してみて、一つ問題が発生しました。電話が全くの無音状態になるのです!通話するのも、音楽を聴くのもダメ。これは困ったなぁ…。

Xperia arc SO-01CのAndroid2.3.3へのアップデートが開始されたのは7月6日。私もすぐにアップデートを行いました。アップデート後は動作がサクサクになったり、起動時間が大幅に短縮されたり、フリック入力が良い感じに指に追いついてくれたりと、

おお!こりゃあ凄い!

と今回のアップデート、期待してなかった分(ソニエリに失礼ですが)非常に満足していました!

が、しかし、今回のAndroid2.3.3のアップデート、実は落とし穴があったりするんです…。それは、無音状態が発生するという点。これになると、再起動またはSIMカードの差し替えを行わないと、電話もまともに出来ません。せめて携帯電話としての機能は維持してもらわないと…。バグが出る度に再起動して、こちらから折り返して電話するほど滑稽な話はありません。

で、この症状、私だけかなぁ…と思って色々調べてみると、割合としては少ないですが、同じように無音のバグが発生する端末もあるみたいです。症状が出た方は、docomoショップに行って症状を確認後、端末を交換してもらっている方が多いようですね。

SIMカード(緑色)の問題では?という声も聞きますが、白色SIMカードでも症状が見つかっているようなので確証は得られません。

無音状態の発生方法

無音状態の発生は、電話をするミュージックや動画を再生するで確認しました。電話は、通話開始すぐに無音になったり、途中から無音になったりします。無音状態は、こちらの声が届かず、相手の声も聞こえません。調べた時は症状に挙がっていなかったのですが、私はYouTubeで動画を再生中にも無音状態になりました。

無音状態の確認

確認は簡単です。もちろん、文字通り『音が聞こえない』というのもあるのですが、音量ボタンをホーム画面で押した挙動が違うという点でも確認できます。
通常、ホーム画面で音量ボタンを調節すると、

着信音量」が調節できます。

しかし、通話中に無音状態になると…

ホーム画面で「通話音量」がいじれます。これは明らかに変です。

また、動画再生中に無音状態になると…

ホーム画面で「メディアの音量」が調節できました。これもおかしいです。

また、無音状態だと、音楽や動画の再生も出来ないようです。

う~ん、これは困りました。初期化するのも面倒だし…。しかもAndroid2.3.3になってからのヌルヌルサクサクがかなり気に入っているのでdocomoショップに交換したら、もう一度アップデートをかけたいなぁと思っているので、このバグが再現されるかどうか不安です。

出来れば、修正アップデートを配布して頂きたいところなのですが…。
Xperia arcのユーザーの皆様はこのバグ、大丈夫ですか?もし同じような症状が出ちゃったら、現状はdocomoショップに頼るほか無さそうです。