docomo Xperia arc SO-01Cが7月6日にAndroid2.3.3へアップデート! でもあまり大きな違いは無いかも…。

                  emunoki_img_110703_01

NTT docomoは発売中のソニー・エリクソン製Androidスマートフォン arc SO-01CのAndroid2.3.3バージョンへのマイナーアップデートを含むソフトウェア更新を7月6日から配布することを発表しました。

現在、Xperia arc SO-01CのAndroidバージョンは、Android2.3.2となっています。Android2.3以降はマイナーバージョンとしてさらにAndroid2.3.1、2.3.2、2.3.3、2.3.4に分割されています。といってもそこまで大きな目に見える変更点は無く、どちらかと言えばAPI(アプリケーションを動作させるプログラム群)の拡張が主です。

今回のAndroid2.3.2から2.3.3への更新も目立つ変更点はNFC関連のAPIが追加されるだけと言っても良く、このバージョンでのNFCチップ搭載端末ならば、双方向通信による面白いことができるのですが、Xperia arcはそもそもNFCチップが搭載されていないため、意味なし…。

追加される機能は以下の通り。
【主な機能追加】

  • POBOx Touch 4.1
  • メール閲覧機能向上
  • Facebook Inside機能搭載
  • 辞書データバックアップと復元

  • 【プリインアプリケーションの追加】

  • iチャネル
  • メロディコール
  • 地図アプリ(ドコモ地図ナビ)
  • 楽天オークション
  • Twonky
  • マクドナルドアプリ
  • 海外ローミング設定アプリ
  • Ecoモード
  • Gガイド番組表
  • 更新方法は端末本体のみで行う方法と、PCと専用アプリケーション『PC Companion』を使用して行う方法があります。

    Xperia arc アップデート詳細ページはこちら (PDF形式です)

    大きな機能の追加はそんなに無さそうですね。細かい部分の調整といった感じ。
    しかし…プリインアプリ追加が…多い…。消去できないアプリが増えるということは端末のメモリ領域をその分喰うってことなので、あまり多いとユーザーも困るのですが…。

    NTT docomo