Appleが秋商戦に向けて着々と動き出している!? またiPhoneの一人勝ち状態になるの?

                  emunoki_img_110628_01

みんな大好きiPhone!!こいつ無しではスマートフォンの普及はここまで早く進まなかった『スマホブーム』の火付け役。iPhone 4は16GBと32GBの両方の売り上げを合わせると、おそらく昨年6月から発売1年間でずっと月間売上ランキングの首位を守り続けているもうそりゃ売れまくりの人気モノです。

でもニュースはAndroidばっかり…と思いませんか?そーです、新機種がご無沙汰なのです。

毎年6月に行われるAppleの開発者向けカンファレンス『WWDC』。iPhoneは2007年から毎年このWWDCで新型が発表されていました。しかし、今年のWWDC 2011では新型のiPhoneは発表されずに終わってしまいました。Appleとしては、もちろん1年に1回のペースでiPhoneを進化させる義理も道理も無いんですが、それでもやはり新型のiPhoneの発表が無かったことは、残念に思っている方も多いです。また、私の周りは『次のiPhoneいつ出るんよ?』と言う声をよく聞きますね。

新型iPhoneは秋。それもiPhone 4S とiPhone 5の2本立て!!

はい、これはドイツ銀行のアナリストが噂情報として漏らしたお話。iPhone 4Sは今現在発売中のiPhone 4のマイナーアップグレード版でSIMフリー安価に発売され、iPhone 5は正統進化版で4インチディスプレイ、ハイスペックモデルになる、とされています。おそらくiPad 2に搭載されているA5プロセッサがこちらに載ってくるんじゃないかと思ってます。
ちなみに記事の頭に映っているのが、iPhone 4S(左)とiPhone 5(右)の予想図です。

Appleが廉価版と新型を同時に出すってのはどうなんでしょ?『完璧』を求めるジョブズが嫌がる気もしますが…。AndroidやWindows Phone7等他OSにシェアを奪われるくらいなら、廉価版でも出してやる!って感じですか?まぁそれだけiPhone 4が非常に完成度が高いから出来ることなんでしょうけれどね。そして、その次期iPhoneは8月から生産を開始すると噂されています。

2012年にはLTE対応、またiPhone 6の話も

iPhone 5か後に控えるiPhone 6の話かもしれませんが、4Gの波がiPhoneにも来ているようです。次世代通信規格LTE。こいつが2012年にはiPhoneに乗っかってくるだろうという話もあります。また、iPhone 6に搭載されるA6プロセッサーはサムスン製からTaiwan Semiconductor Manufacturing Company(TSMC)という台湾の会社製に変更するのでは?という噂も。今法廷でガチバトル中ですもんねぇ。

日本はどうなる?

追い詰められたAppleならば、CDMA2000(auに対応した)版・GSMのSIMフリー版(docomoでも使える)を日本でも投入するかもしれません。もちろん、docomoやauがiPhoneにi-modeやLISMO等の手を加えて発売するとなるとAppleは絶対に断るでしょう。
また、SIMロックが解除された状態で、docomoやauの回線を使う!となると、月1万を超えるパケット料金は平気でかかると思います。だってそうしないと、docomoやauは資金の回収が出来ないですからね~。

やはり、これまでと同じように日本ではsoftbankからiPhoneが発売される可能性が高いです。というかiPhone 5のみで、SIMロックが解除されるiPhone 4Sはそもそも日本で発売されるかどうか…というのが私の見解です。

日本通信のb-mobile SIMとSIMロックが解除された安価な海外製iPhone 4Sで運用するというユーザーが増えるかもしれませんね。

あ、もちろん、噂通りにiPhone 4SとiPhone 5が発売されたらの話ですけれどね。楽しみですね!