Xperia acro ブラックに市販カバーを付けてみた 似合ってる? グラデーションハードケース シルバー×ブラック from ラスタバナナ

                  WXPeria_img_110626_01

Xperia acroを発売日に購入した筆者が、市販のカバーを嵌めてみましたよ。

今回購入したのはラスタバナナ社製の「Xperia(TM) acro (SO-02C/IS11S)専用 ハードケース シルバー/ブラック」です。

ご覧の通り液晶保護フィルム付で約2000円、お得かも?

これがハードケースの裏面と保護フィルム。フィルムはカメラレンズにつける物もついてきますが、画質劣化を考え、自分はつけませんでした。

カバーはテカテカのハードタイプですが、いわゆる指紋がつきやすいタイプのものではありません。ブラックからシルバーへのグラデーションが特徴的。

落ち着いた色合いながら、個性あるデザインに仕上がっています。

本体と並べて色合いの比較。同じ黒でも印象が違います。

  • 実際にはめてみた。

まずは裏面から。フラッシュ、カメラ、上部マイク、下部のスピーカーと全て穴がくり抜いてあります(当然か)

スピーカーは音質がこもって悪くなるのでは?という懸念もあるかと思いますが、実際に流したところ、付ける前と変わらない印象。この点はバッチリです。

サイドです。こちらは少し問題点が。音量調節キーは難なく押せましたが、カメラキーがやや押しづらく、カメラ撮影でこのキーで撮る時にブレる可能性があるかな?という感じです。

それとワンセグアンテナが取り出しづらいんですが、こちらは一回出して引っ込めれば、カバーを付けっぱなしな限りは二度目以降は取り出しやすくなります。

microUSB端子は純正は問題ありませんが、三洋のモバイルブースター付属のケーブルはカバーが当たってしまい、挿せないので注意が必要です。

表側…は見ての通り特に何も無しです(笑)。あえて言うならば、シルバーの縁取りがアクセントになっていてちょっとカッコイイかな?という個人的な感想です。

もう一つ注意点が。ストラップホール部分に穴が空いて通せるようになっている豚鼻ちゃんの神仕様です…が、凄く通しづらいんです。

ストラップを付けるつもりでいる方は注意が必要かもしれません。

  • 最後に全体的な感想

7月9日に発売されるドコモ版Xperia acroのブラックを購入検討されている方にもお伝えしたいのですが、この色は単に落ち着いた色だから、以外にも触感での利点があります。

ブラックのしっとりしたサーフェイスの質感を堪能されたい方にはやはり、裸で使うのが一番だと思います。

ただ、今回カバーを購入してみて、それ以外の方には積極的にオススメしたいな、と感じました。

周りがみんな同じデザインになってしまうiPhoneと違ってAndroid端末は多岐に渡るメーカーが出しているのでカバーなんて邪道だ!と自分も思っていた時期がありました。

それでも、オンリーワンの端末にするために、カバーを付けるのはファッションと一緒でアリなんじゃないでしょうかね?

ホーム画面のカスタマイズと合わせ、あなただけのスマートフォンを作ってみては?

Xperia acro専用 グラデーションハードケース シルバー×ブラック