softbank SIMカード単体のみの販売を 7月1日より開始!

                  emunoki_img_110618_01

ソフトバンクが7月1日からSIMカードのみの販売を始めるようです。SIMロックフリーの端末や、docomoの機種の受け皿にする考えでしょうか。

SIMカードの単体販売により、7月からはSIMロックが解除された端末にUSIMカードを挿入することで、softbankの契約で他社の端末を利用することができます。
利用するにはいくつか注意点があり、softbankが提供する全てのサービスについて動作保障が確認できないことや音声通信やパケット通信に対する料金や制限についてや、アフターサービスが享受できないこと、技適マークが付いていること等の条件に同意した場合にのみ提供されるとしています。

softbankに契約していないユーザーは新規の契約を行わないといけません。その場合、新規契約事務手数料として、2,835円がかかります。全国のソフトバンクショップと一部のソフトバンク取扱店で受付を行います。

iPhone、iPadに関しては
ソフトバンクモバイルが販売しているもの以外のiPhone 3G、iPhone 3GS、iPhone 4、iPad、iPad 2へは現在提供できません。提供開始時期が確定次第お知らせいたします。
となっており、まだ利用できないようです。

また、提供が開始されたとしても、「海外から持ち込まれたiPhone・iPadでご利用の場合、任意でアクセスポイント設定ができないため、パケット通信はすべてパケット定額サービスの対象外となります。ご利用により数十万円を超える高額な通信料が発生する可能性が高くなりますので、ご注意ください。

とされているので、海外製iPhoneを利用する場合はb-mobile等のサービスを用いた方がよさそうですね。

softbank