Windowsゲームとして開発したものを、iPhone、Androidアプリへ簡単に移植できるミドルウェアが無償公開! – Wizapply

                  cap5ule_img_110609_00

スマートフォンアプリ市場が凄まじい勢いで発展しており、アプリだけでなく、次々とアプリ開発ツールのミドルウェアが登場してきました。そして今日、アプリ開発者の皆様に新しいミドルウェアを発表します。

Wizapply

、呼び名「ウィザプライ」は、「アプリ制作の支援を行う」「作品を多くの人に広める」をコンセプトに置いた、商用利用可能な無償のクロスプラットフォーム対応ネイティブアプリ開発フレームワークです。どういったものなのかご説明します。

Wizapplyとは

Wizapply
Wizapply(ウィザプライ)とは「Apply for application wizard.」からなる造語で、「アプリの達人を用いる」という意味です。 達人は、アプリを簡単に且つ品質の高いものを多くの人々へ届けていくれます。 スマートフォンの登場でアプリ開発の民主化が行われ、誰でもアプリを創ってマーケットへ発表でき、喜びを得ることができるようになりました。 しかし、アプリを作るのには膨大な勉強量と時間がかかります。そこで、もっと簡単に本格的なゲームやアプリが作れるようになれば、と思い開発されたのがこの達人「Wizapply」です。 この達人の力を借りれば、あなたは開発に苦労することなく多くの人に自分の夢と創造を届けることができるでしょう。

詳しくは、Wizapply.com まで

特徴

iPhone、Androidアプリを、一般的なC/C++言語を使って開発できます!
つまり、Java言語およびAndroid API、Objective-C言語及びCocoa APIを習得する必要がありません。あらゆる言語やAPIをいちいち学習していたら、あなたの人生一回では足りません。
短期間でアプリ開発ができます!
プログラム数行を書くだけで画面に画像を出せたり、音を鳴らせたりできます。Windowsアプリを作ればそのまま移植できるので、ゲームロジックのデバッグは全て慣れた開発環境で行えます。専門学生1人が1本のゲーム(企画・素材・プログラム)を作るのに要した時間はたったの10日間でした。「szSouls」として公開中!
あらゆるマーケットを制覇します!
クロスプラットフォームに対応しており、1回のコーディングで、WindowsのほかiPhone、iPadやAndroid、Macアプリとしても公開可能。あなたの良い作品がiPhoneだけに存在するというのは、ユーザーにとっても苦痛です。

szSouls 事例

コンピュータ系専門学生が開発した「szSouls」は、Android開発もiPhoneの開発もしたことがない学生です。Wizapplyを使ったこのゲームは、WizapplyのWindowsアプリケーションとして「開発環境 Visual Studio」を用いて制作しました。

この完成したゲームを使い色んなプラットフォームに移植します。5種類のプラットフォームに移植しマーケットを制覇しています。移植に要した時間は半日ほど。


※ このゲームは、Wizapplyのサンプルとしてソースコードも公開されております。

この方法は一例で、もちろんクロスプラットフォームに対応したミドルウェアであり、iPhone向けのアプリを開発した後、Android向けにも公開することが可能です。

Wizapply(ウィザプライ)

※ 開発できるアプリは2Dだけでなく3Dも可能です。

無償ダウンロードおよび公式URL : http://wizapply.com
まだまだ改良が必要です。皆様のご意見・ご感想などのフィードバックお待ちしております。

About the author

運営・代表者です。 よろしくです。