いよいよ迫るWWDC 2011。 iOS5 / iCloud / Mac OSX Lion。 さてさて、iPhone 4Sは来るのか!?

                  emunoki_img_110604_06

Appleが毎年この時期に行う開発者向けカンファレンス、WWDC。昨年はiPhone 4が発表され、会場もライブを見た人も最高に盛り上がりました。あれから1年経っちゃうんですねぇ…。さて、今年はどんなサプライズを届けてくれるのでしょうか。ジョブズのプレゼンにはいつもドキドキしっぱなしです(笑)

iOS 5は次期iPhone、iPadに搭載される予定のNEW OSバージョン。Twitterと連携した写真投稿機能やホーム画面にウィジェットを設置できるようになり、PCのMac OS Xとの連携もより密接になるとの噂が広まっています。今現在主流のiOS 4はiPhone 4と同時に発表され、すぐにリリースの流れを踏んだのですが、今回はiOS4からのバージョンアップという形を取るのでしょうか。iPhone 3GS、iPhone 3Gとの互換性も気になる所です。

iCloud
出ましたiCloud。まぁ今回の目玉となるサービスです。まずはiTunesのコンテンツをクラウドで取り扱うことが主となるでしょうね。音楽をデータセンターから引っ張ってこれるので、携帯電話の保存領域に持つ必要がなくなります。すでに、AppleはMobile MEのパッケージ販売が終了していたり、10億ドルを投資してデータセンターを建設したりと着々と準備を進めています。iOS5、Mac OSX Lionの話は前から出ていたので海外ではこのiCloudで話題が持ちきりです。

Mac OSX Lionは昨年10月にすでに発表されたもので、今回目新しい発表があるかどうかは不明です。といっても、Appleはすでに発表しているモノを大々的に再発表するとはあまり考えられないですし。おそらく、現在値下げが行われているMac book Airの新型が発表され、そこにMac OSX Lionが載るっていうのがユーザーとしては面白い結果でしょうけど。


すみません、話がスマホ以外にも発展してしまいましたね。
で、今回のWWDC。いつもと違うんですよね。Appleは例年通りならiCloudやiOS 5なんて名称を発表会前に漏らす訳が無いのです。でも今回はすんなり出てきちゃっている。それは何故か。

一つは、新製品の発表が無いので、OSやサービス等ソフト面の充実をメインに置いた発表会だからという意見があります。これらしか発表する『ネタ』が無いから先にリークさせて期待させようぜ。という考えですね。むしろこれらだけでも十分大きな話題になりそうですが。
しかし、逆に新製品の発表という更なるサプライズが控えているので、これらの情報は告知しても構わないという意見もあります。『Appleの直営店に火曜日まで開封厳禁の荷物が届いている』や『iPhone 4Sが夏に発表される』といった噂がここにきて広まっているのは、やはり「火のないところに煙は立たず」と言いますか、まぁいつも通りっちゃいつも通りですが。

ちなみに、噂となっているiPhone 4Sのスペックは

  • Qualcomm製のSoC搭載
  • 1.5GHzデュアルコア
  • 800万画素カメラ搭載
  • GSM/CDMAの通信方式を統合
  • SIM無し
  • アンテナ数の増加
  • となっています。う~ん、これはどうだろう。GSM/CDMAを統合したからQualcommのSoCなのかなぁと思ってやけに現実味を帯びていますが、こいつが、今年の『One More Thing』(ジョブズお決まりのサプライズ発表)となるのかもしれません。ただ、これだとただのスペックアップです。
    GIZMODEが報じているように、今のiPhoneに足りないのは『共有』する能力。iPhone 4SとiOS 5とiCloudとMac OSX Lion。これらがすべて『共有』され、データをすべて一元管理できるとしたら…それがWWDC 2011のサプライズだとすれば今年も最高に盛り上がることは間違いないでしょうね。

    via Cult of Mac

    WWDC 2011公式サイト