softbank 折り畳み式 AQUOS PHONE (アクオスフォン)THE HYBRID 007SH 発表! フィーチャーフォン?いえ、スマホです!!

                  emunoki_img_110520_01

softbankは18日、SAHRP製AndroidスマートフォンAQUOS Phone THE HYBRID を発表しました!折り畳み式のフィーチャーフォンのような見た目ですが、AndroidOSを搭載したスマートフォンとなっています。

スペック

商品名 AQUOS Phone THE HYBRID 007SH
OS Android 2.3(Gingerbread)
UI 不明
開発 SHARP
データ通信方式(3G) HSPA
データ通信方式(2G) GPRS
サイズ 約51.8(W)×113(H)×19.3(D)mm
重量 約140g
SoC Qualcomm Snapdragon MSM8255 1GHz
RAMメモリ 512MB
ROMメモリ 2GB
バッテリー 820mAh
ディスプレイ 3.4インチNewモバイルASV液晶
解像度 FWVGA(480×854)
サブディスプレイ 0.7インチ有機EL液晶
カメラ 約1610万画素CCDカメラ
サブカメラ なし
動画サイズ HD(720p)
外部メモリ microSD microSDHC 32GB
外部インタフェース microUSB
Wi-fi 無線LAN(IEEE802.11 b/g/n)
Bluetooth Bluetooth 3.0+HS
カラー ミスティブルー,ボルドー,ホワイト,ブラック


・おサイフケータイ
・赤外線通信
・ワンセグ
・3D静止画撮影
・10キー
・裸眼立体視
・防水・防塵
・HDMI接続
・microSDHCカード2GB付属(試供品)
・S!メール
・DLNAサーバー・クライアント機能

折り畳み(回転二軸式)と10キー採用のスマートフォンということで、従来のフィーチャーフォンとほとんど見た目が変わりません。おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグに加えて、防水・防塵機能も備えています。

HDMI接続端子とDLNAをサポートしているので、家のAQUOSテレビやAQUOSブルーレイと接続が可能です。無線での通信にも対応し、007SHの動画静止画をケーブル無しでテレビに表示させたり、レコーダーの映像を別の部屋で007SHで楽しんだりといった使い方ができます。(スマートファミリンク)

スペックは同じ夏モデルである006SHと比べるとCPUの速度が減っていますが、RAMとROMの容量は変わらず。ディスプレイはそこまで大きくありませんが、ソフトキーに加え10キーや物理キーの各種キーが従来の携帯電話のように搭載されているので、タッチとボタン操作でアプリや機能呼び出しも非常にスムーズに行えそうです。

カメラも1610万画素CCDというスマートフォンとしては過去最大の画素数のカメラを搭載し、今までよりもさらに鮮明な動画・静止画が撮影可能です。

ただ、一つ心配なのがバッテリーが820mAh…ブラウジングや音楽再生すぐに電池が消耗されそうですが…。


いや~ほとんどフィーチャーフォンなんですけど、中身はしっかりとAndroidしています。まさにスマートフォンとフィーチャーフォンの垣根を越えたと言ってもいい、未来に残る代表作として名を連ねそうですね~。auのIS11SHと併せて、スマートフォンユーザーをさらに呼び込む端末として売れてくれるといいですね!