未来のクリエイター集え!アプリ甲子園開催!iPhoneでもAndroidでもドンと来いっ!

                  emunoki_img_110519_06

株式会社ディーツー コミュニケーションズ(以下D2C)は本日19日から学生に向けてiPhone・Androidのスマートフォンアプリコンテスト企画『アプリ甲子園』を開催することを発表しました。次世代クリエイターに向けての面白い試みだと思います。

以下プレス概要です。

応募対象: 13歳から18歳までの国内在住者(中学生・高校生以外も応募可)

対象アプリケーション: iPhoneまたはAndroidに対応したスマートフォンアプリケーション (iPad等タブレット端末は対象外)

賞品: 最優秀賞(1名) 最新タブレット端末

優秀賞(1名) 最新スマートフォン

参加賞(決勝参加者) 図書カード5000円分

評価項目: 独創性、操作性、デザイン性、おもしろさ、完成度

応募方法: 「アプリ甲子園」公式ウェブサイトにて受付

公式ウェブサイト: www.applikoshien.jp

ツイッター公式アカウント: @applikoshien (ハッシュタグ:#applikoshien)

フェイスブックページ: www.facebook.com/applikoshien

審査員: 近日ウェブサイトにて発表予定

スケジュール:

5月19日(木) 公式ウェブサイト開設、エントリー受付開始

6月30日(木) アプリケーション投稿機能のリリース

8月26日(金) エントリー受付締切

9月05日(月) 予選結果、決勝戦進出者10組をウェブ上で発表

9月18日(日) 都内開場にて決勝戦

※ 決勝戦参加者への会場までの交通費はD2Cが負担します。

主催:株式会社ディーツー コミュニケーションズ

テクニカルパートナー: 株式会社ファインマン、株式会社テクノード

アプリはiPhoneでもAndroidでもどちらでもOKだそうで、参加者が選ぶ形です。開発環境が無くてもD2Cが用意してくれるそうです。これはどうなんでしょうね?FlashやJAVAベースでの開発になるんでしょうかね??

どちらにせよ企画だけでなく、ゲームやアプリとして動いているモノを求められている以上、ある程度の知識は必要なのかもしれません。高専の学生や情報系の学科がある工業高校の学生の方なら腕試しがてらに挑戦してみてもいいかも?ちょうどC言語の基礎を学びだしたあたりでしょうし…。C言語で開発できるかどうかは分かりませんが…。

尚、開発に当たってのサポートには、『Touch the Numbers』を開発した株式会社テクノードと『MEGU』を開発した株式会社ファインマンが名乗りを挙げてくれています。ここでコネを作れれば就活にも有利かも!?

また、公式サイト以外にもTwitterfacebookを使った情報発信も行っていく模様。もしかしたらアプリの決勝戦は、一般ユーザーにSNSを使ってもらっての投票になるかもしれませんねぇ。

個人でもチームでの応募でも参加可能です。学生のみなさん!アプリを作って最新スマホやタブレットを戴いちゃいましょう!!

■アプリ甲子園公式Twitterアカウント
■アプリ甲子園Facebookページ
■アプリ甲子園公式サイト


プレス元:株式会社ディーツー コミュニケーションズ