Galaxy S2(ギャラクシーs2)は不具合多し!?日本のSC-02Cは大丈夫なの?

                  emunoki_img_110519_04

Galaxy S2の予約台数が300万台を突破、販売台数はすでに50万台を飛ばしています。まさしくモンスター級スマートフォンですが、初期不良やつぶし切れていないバグの報告も一部では挙がっているようです。


はSamsungが手掛けたデュアルコアCPUを搭載したハイスペックスマートフォン。日本ではdocomoからGalaxy S II SC-02Cとして6月下旬に発売が予定されています。

詳しいスペックについてはこちらの記事をご参照ください。

確認されている不具合については

・急に電源がOFFになる
・カメラ撮影時の赤い斑点

・端末のカイロ化現象
急な発熱によりカイロ状態になるそうです。結構熱くなるそうですが…これはデュアルコアだからなのか、バグなのか…。

・ホワイトバランスがおかしい

バグ…とまではいかないですが、隣に並べたATRIX 4Gと比べるとやはり白色に青みがかっていますね~。有機ELディスプレイなので仕方ないのかなぁ…。

・メニューキーを押しても動作しない
・画面OFFにするとWi-Fiの接続が切断される

等が挙げられています。
もちろん、バグによっては初期ロット生産による不具合もあるでしょうから、量産が順調に進めば初期不良のバグも少なくなってくると思います。ただ、これらのバグが全て初期不良のせいだとも思えません。現にSamsungはGalaxy S2の販売開始からわずか1週間でカメラのフラッシュに関するパッチを出しています。

発熱に関しては気になる方も多いと思いますが、私が使用しているXperia arc SO-01Cも結構『熱いな』と感じる時もありますし、デュアルコアってこんなもんなのかな?と過敏に反応しなくてもいいのかもしれません。ただ、気になるのは『カバー』。カバーを付けるとその分内部に熱がこもりやすくなるので、中身の寿命が短くなりそう…という不安は確かにあります。その場合は交換してもらえるんでしょうかね?


Galaxyシリーズは過去の端末でもバグ修正のアップデートを行っています。とはいえ、現状国産のAndroidスマートフォンにもバグが多い端末は結構あるわけで…。自由度を求めすぎてしまったためにデバイス開発をメーカー任せにしてしているAndroid OS。普及こそ爆発的でしたが、これからはバグのないスマートフォンも求められてくるのでしょうね。

Galaxy S II SC-02Cの発売まであと1ヶ月ちょっと(予定では)。前機Galaxy Sのように、『そんなに売れるとは思わなかったので在庫準備できていません』状態で品薄になることは無さそうですが、『売れすぎました。生産追いつかないです』状態で品薄は大いにあり得ます。

現状は初期不良が無いのを切に願うことと、Samsungのファームウェア提供の対応に注目しておきましょう。

参考:「ギャラクシーS2の9つの問題点」