MEDIAS N-04Cの修正アップデートが19日から開始されています。やっとSDカードのバグが直る!!

                  emunoki_img_110519_01

MEDIAS N-04Cの不具合修正アップデートが19日から開始されています。ユーザーの方は是非。しかし、N-04Cは手動アップデートしないといけないので慣れないユーザーには一苦労ですよね。

改善される内容は以下の通り。

・被写体によっては、カメラ撮影をした画像が黒くなってしまう場合がある。

・[Backキー][Homeキー][Menuキー]などを押下時、バイブレーションの動作時間が短く、体感できない場面がある。

・複数のアプリケーションを起動しているなど携帯電話の負荷が高い状態の時に、携帯電話(本体)が再起動したり、microSDカードが装着されているにもかかわらず、“SDカードが取り外されています”というメッセージが出る場合がある。

おお!やっとこれでSDカードが認識されないバグともおさらばできそうです。前回は結局直ったと思ったら直ってなかってガッカリしたので…今度こそはとお願いしたいところ。

ソフトウェアのアップデート方法はいくつかありますが、3G環境下だとパケット通信料がかかってしまいます。パケホーダイ・フラットの方なら気にしなくてもOKですが、2段階制のプランや定額制プランに入っていない方はご注意ください。(少ないとは思いますが…)

Wi-Fi環境下ならばパケット通信料はかかりません。また、手動でAPN設定を行えばWi-Fiに接続していなくてもパケット通信料がかかりませんのでそちらの方法でもアリだと思います。

詳しい方法はdocomoのホームページMEDIAS N-04Cのソフトウェアアップデート情報をご参照下さい。

また、APN設定等の詳しい資料はN-04C ソフトウェア更新 簡易操作説明書(PDF形式)へ。