au 2011年夏モデル AQUOS Phone IS12SHのスペックまとめ![追加更新しました!]

                  emunoki_img_110513_27

シャープからauに投入予定の夏モデルスマートフォンAQUOS Phone のまとめです。docomoのSH-12Cやsoftbankの006SHの兄弟機として発売されるようです。特徴はやはり3Dでしょうか。

■スペック

商品名 AQUOS Phone IS12SH
OS Android 2.3(Gingerbread)
UI Ocean UI
製造 シャープ
通信方式(3G) CDMA2000 2100/800(新)/800 MHz
通信方式(2G) 非対応
サイズ 約64.0(W)×130(H)×12.5(D)mm
重量 約143g
SoC Qualcomm Snapdragon MSM8655T 1.4GHz
RAMメモリ 512MB
ROMメモリ 2GB
バッテリー 1,240mAh
ディスプレイ 4.2インチNEWモバイルASV液晶
解像度 qHD(540×960)
表示可能色 約26万色
カメラ 800万画素カメラ x 2
サブカメラ 不明
オートフォーカス機能 あり
手ブレ補正機能 あり
動画サイズ 720p
外部メモリ microSD microSDHC
外部インタフェース microUSB
Wi-fi 無線LAN(IEEE802.11 b/g/n)
Bluetooth Bluetooth 3.0+HS
カラー ディープブルー、アイスホワイト、レッド×ブラック


・おサイフケータイ
・赤外線通信
・ワンセグ
・WIN HIGH SPEED対応
・裸眼立体視
・3D動画・静止画撮影
・DLNA サーバー/ クライアント
・6軸センサー(加速度3軸 + 地磁気3軸)
・AQUOSブルーレイ連携

■ハードウェアスペック
SoCはMSM8655T 1.4GHz。第2世代のSnapdragonです。ROMは2GBですが、RAMは512MBなので容量が少し心配です。docomo版のSC-12Cはバッテリーが1,240mAhと少なく、充電の持ちが心配でしたが、こいつはどうなんでしょ?やはり同じくらいのバッテリー容量しかないのでしょうか。

■カメラ
背面に800万画素のCMOSカメラを2つ搭載。これにより、3Dの静止画だけでなく、動画も撮影可能になりました。これは2つのカメラで撮影した2枚のデータから物を立体的に捉える技術が使われています。

■ディスプレイ
裸眼立体視に対応したディスプレイが使用されています。裸眼立体視の場合は解像度が落ちる場合が多いのですが、もともとの解像度がqHDなので従来の製品よりは3D画像が鮮明に見えるかもしれません。

ワンセグ・赤外線通信・おサイフケータイ(Felica)搭載、WIN HIGH SPEEDにも対応。リークされた画像に映っている端末の色はディープブルーのようですね~。

おそらくこいつが現時点でのシャープのフラッグシップモデルに値するものなのではないでしょうか。

〔画像更新〕
鮮明な端末画像。3色揃ってます。

スペックシート。

※まだ正式発表された訳ではありませんので、スペックは確定ではないです
参考:NewSrider
Blog of Mobile!!~最新ケータイ情報~
[最終更新日:5月13日]

13日:
画像を2つ追加。スペックシート更新。
性能は良いんだけどなぁ…。バッテリーが少ないです。