Galaxy Tab 10.1が予定を早めて5月中に発売される予定。 めっちゃiPad 2を意識してる!

                  emunoki_img_110509_02

Tabの後継機であるGalaxy Tab 10.1。当初の予定では2011年6月中旬に発売される予定でしたが、ここにきて5月中に発売日が早まったようです。

発売日が遅れるのはこの業界、ままあるにしても、早まるというのは珍しいですよね。

Galaxy Tab 10.1はその名のとおりSamsungが手がける自社主力商品Galaxyシリーズのひとつで、GALAXY S SC-02B GALAXY Tab SC-01Cなんかは日本でも発売されていますよね~。

Galaxy Tab 10.1は一度MWC2011で発表された後、先月のCTIA Wireless 2011で改良版が発表しなおされたという経緯があります。これは、iPad 2に真っ向勝負するために、短い期間で修正を行ったとされています。
現に当初の厚さは10.9mmとなっていましたが、iPad 2の厚さ8.8mmよりを意識して改良版では8.6mmになっています。

オーストラリアではVodafone Australiaでもうすでに電話で発売されているようですが、こちらはGalaxy Tab 10.1Vとなっており、これは改良前のモデルです。

アメリカでの発売予定は6月8日とされていましたがどうやらこの発売日が早められるようですね~。早めた要因として挙げられるのはiPad 2を意識したためだそうです。またiPad 2です。要はSamsungはAppleのiPad 2をなんとしても追いつき追い越したいという思惑があるようです。
SamsungがGalaxy Tab 10.1がiPad 2に勝っているとしているのは、
厚さ:Galaxy Tab 10.1が8.6mm、iPad 2が8.8mm
重さ:Galaxy Tab 10.1が595g、iPad 2が601g
カメラの性能:Galaxy Tabが前面200万画素、背面が300万画素、iPad 2が前面30万画素、背面が100万画素
となっています。

スペックについてはGalaxy SⅡと Galaxy Tab 10.1のスペックまとめ!記事に詳細を載せています。


う~ん、Galaxy Tab 10.1は素晴らしい端末だと思いますが、日本のキャリアから発売されるのはもう少し後になるのではないでしょうかねぇ。 + Tegra 2の組み合わせはdocomoもauもOptimus Pad、XOOMで実現していますし…。少なくとも夏モデルのラインナップに並ぶ可能性は低いと思います。