SECOND SKIN Xperia arc SO-01C専用ケースをレビュー!

                  emunoki_img_110503_01

高品質のプリントと多彩なデザインが特徴のSECOND SKIN。今日は SO-01Cの専用ケースのレビューをやってみました!おススメのカラーを送って頂いたので私も気合をビシビシ入れてレビューさせて頂きますよ!!

ということで早速商品を見ていきましょうか。今回お送り頂いたカラーは、ペイズリー(ブルー)です。商品ページはこちら~。
まずは、私の裸arcと並べてみました。あ、写真撮影も私なので、光の写りこみ等はご勘弁下さい(汗

当然のことながら、ケースの方がほんの一回り大きくなっています。2層コーティングが施されているので、表面はツヤツヤのツルツルです。持ってて高級感がありますね~。デザインも大人っぽくてステキ

裏はこんな感じになっています。白い箇所は端末で隠れる部分です。注目してほしいのは画像の左側。端末の下部に当たる箇所ですが、プリントが中まで回り込んでいます。ここは端末で本来隠れる所なのですが、こだわり抜いていますよね~。

こちらが装着後の画像。白い所は見えません。流石です。

装着後の正面からです。際の部分までプリントされています。ただ、どうしても際の部分は白っぽくなるそうで、確かによくよく見れば若干プリントが薄いかな~という感じです。ただ、このペイズリー(ブルー)カラーだと、パッと見は全く気にならないレベルでした。

端末右側面からです。microUSB端子、ボリューム、そしてカメラフのボタン用に穴が開いています。穴は余裕を持って開けられているのでボタンを押すのは楽でした。Xperia arcは個人的に薄すぎてカメラのシャッターを押しづらかったのですが、ケースを付けたことで安定感が生まれましたねぇ~。これは思わぬ副産物です。

こちらは左側側面から。オーディオジャックの穴のみが開いています。プラグの抜き差しは特に問題なく、非常に抜き差ししやすかったです。

端末上部。カバーが、左右から挟み込むタイプなので、上部には側面のような包み込むような展開は施されていません。ボタンが押しにくいかなぁと気になっていたのですが、使ってみると案外気にならなかったです。

下部から。注目はストラップの穴の箇所。微妙に凹ませているんですよね~。細かい所なんですけど、こーいう所に企業努力といいますか、しっかり丁寧に作っているんだなぁという印象を受けました。

ちょっと見づらいのですが、Xperia arcの特徴である弧状もきちんと表現されています。端末がそのまま少し厚くなった感じですね~。弧状と重さのバランスもちょうどよく、持ちやすさはケースをつけても健在でした。

背面です。カメラレンズ、照明、サブスピーカー用に穴が開いています。画像では見えませんが、スピーカー用の穴もきちんと開いてます。位置もぴったり、ズレていません。ケースのあり無しでXperia arcでカメラの撮影を行いましたが、写真に変化は見られませんでした。

厚さを測りました。最薄部を測ってみましたが、もとの端末が8.9mm。ケース付きだと約1cmでした。夏に発売予定のXperia acroくらいの厚さなんじゃないでしょうか。acroは弧状にはなっていませんが…。だいたい似たような感覚になるのではないかと思います。


■まとめ
ケースの硬さはどちらかと言えば柔らかめでした。いや、ソフトケースではないですけどね。ハードケースの部類では柔らかいと思います。感想は、これぞデザインケースだ!の一言に尽きますね。値段が少々張る分、デザイナーのこだわりや高品質のプリント技術が随所に盛り込まれていたと思います。無地のケースとは違って、使っているうちに愛着が湧いてきましたし、他の人とは一味違ったオシャレな雰囲気が出せたように思えます。

また、オリジナルケースの制作も受け付けていられるようなので、高いレベルのデザインを自分オリジナルで楽しむこともできますよ~。これはホントに私もオリジナルで作ってもらおうかしらん?

ということで、SECOND SKIN様からご提供頂いた高品質プリント・オリジナルデザインのケースレビューでした~。