iPhoneのアプリをWindowsPhone7へ移植に向けて!Microsoftがマッピングツールを公開。

                  emunoki_img_110430_01

Microsoftはアプリの開発者がiOSアプリケーションをWindowsPhone7へ簡単に移植できるように環境を整えつつあるようです。

やはりMicrosoftもAppleが持つ超ド級規模のApp storeの市場や顧客に興味を持っているみたいですね~。

Microsoftから先日公開されたのは、APIのマッピングツールと言えるべき機能です。API(アプリケーション・プログラム・インターフェース)は大雑把にいうと、大元の開発者(例えばMicrosoftのシステム開発者)があらかじめ用意してくれている「アプリを動作させるための機能の集まり」です。これを用いることで使用者(ゲーム・ツール等のアプリ開発者)は深い知識が不必要だったり、開発の期間を短縮することができます。
今回公開されたマッピングツールは、APIの中から開発者が必要とする機能を検索することができるツールです。これを用いることにより、iOS上でのCocoa APIと同等の機能をもつWindows Phone 7 API内の関数を引っ張ってこれるという訳ですね~。これは開発を行う上で非常に便利だと思います。わざわざ探す必要がないですからね~。ただ、移植作業自体はプログラマの手で行わないといけません。

マッピングツールはこちらから~。

現状、マッピングツールが対応しているAPIの関数群のカテゴリは[ユーザーインターフェースとデータ管理ネットワーク/インターネット]の3つのみです。また、『全てのAPIにマッピングが対応している訳ではない』と述べられています。まだまだ道のりは長そうですが徐々にマッピングの範囲を広げていく予定らしいので、iOSのアプリからWindowsPhone7へボタン一発で移植が出来る日もそう遠くないかもしれません…。