東芝、国内初のAndroid3.0、Tegra 2搭載『レグザタブレット AT300』を発表!タブレットにもREGZA!

                  emunoki_img_110420_08

東芝は本日4月20日、OSに()、チップセットにを搭載したタブレット端末、『レグザタブレット 』を発表しました!国内メーカー製では初のAndroid3.0タブレットということになりますね~。

現在判明しているスペックはこちら~。

商品名 REGZA Tablet AT300
OS Android 3.0(Honeycomb)
製造 東芝
サイズ 約117(W)×273(H)×15.8(D)mm
重量 約765g
SoC Tegra2 T250
RAMメモリ 1GB
ROMメモリ 16GB
バッテリー 不明
ディスプレイ 10.1インチTFT液晶
解像度 WXGA(1,280×800)
カメラ 500万画素CMOSカメラ
サブカメラ 200万画素CMOSカメラ
動画サイズ 不明
外部メモリ microSD microSDHC 32GB
外部インタフェース miniUSB、USB2.0
Wi-fi 無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n)
Bluetooth Bluetooth 2.1+EDR
カラー 不明


・HDMI接続
・レグザAppsコネクト搭載

うん。スペックは優秀ですね~。チップセット、RAM、ROMはグローバルモデルと勝負できるレベルですし、外部接続も、HDMI出力端子、USB2.0コネクタ、mini USBコネクタ、ブリッジメディアスロット(SDカード・SDHCカード対応)、マイク入力/ヘッドフォン出力共通端子と豊富です。また、別売りで専用クレードルも発売される模様。
価格は店頭予想価格は6万円前後となっています。発売時期は6月とのこと。3Gの通信には対応していないので、Wi-Fiで接続するしかないようですね。

低解像度の映像を高精細にする『レゾリューションプラス』や、太陽光の下でも見やすくなるよう周囲の明るさを検知してメリハリのある鮮やかな映像に自動調整する『アダプティブ ディスプレイ』を搭載しています。これは東芝ならではの技術ですねぇ。他にも『オーディオ エンハンサー』による音質の向上、『ノイズ エコライザー』による騒音の中でも聞き取りやすい音質に自動調整と、音声関係もかなりこだわっている模様です。



■レグザAppsコネクトが面白さそう!
私が気になったのはレグザAppsコネクトですね。REGZA Tabletを、家にある『レグザ』や『レグザ ブルーレイ』と無線で接続しリモコンとして用いることができたり、REGZAが配信しているアプリRZタグラーを使用することで録画した番組の頭出し情報である『タグ』を全国のユーザーで共有することができるという点が面白いなぁ~と思いました。テレビの新しい楽しみ方が生まれそうですよね~。他のユーザーが作った『番組内での名シーンだけを集めたタグリスト』とか見る価値ありそうですもんね~。
家にREGZA製品をお持ちの方は、是非iPhoneやAndroidとの連携をご活用下さい!