サムスン、次世代 の2GHzデュアルコアCPU搭載のスマホを開発中らしい。まさかのGalaxy S3!?

                  emunoki_img_110417_07

アワワワ…。サムスンがまたやらかしています。2GHzデュアルコアの次世代チップセット搭載スマートフォンを現在開発中であることを発表しました。

Samsung to Develop 2GHz Dual Core Smartphones by 2012

プロセッサ名はそのままExynosの名を引き継ぐのでしょうか。

サムスンはもう間もなく発売予定の S ii1.2GHzのデュアルコアCPUのチップセット『Exynos 4210 Orion』を搭載していますが、それを更に上回る2GHzデュアルコア搭載スマートフォンを来年発売を目途に現在開発中だと発表しました。

え…2GHzデュアルコアって…もうPCと同じレベル…。やべぇ!やべぇよサムスン!あんたらどこまで行くんだ!!
サムスン曰く、『4GHzのコア1つを作る方が簡単だが、2GHzのコアを2つにした方がよりスマートフォンに最適化される』としています。いやいや、もうそのレベルやとバッテリーの問題が…。(笑)

Galaxy S iiに搭載されているExynos 4210 OrionはCPUがARM Cotex A9ベースの1.2GHzコアを2つ搭載し、GPUはARM -400 MPを載せています。これだけでも携帯電話としては気持ち悪いくらいのハイスペックなのですが、ここからさらに上を搭載してくるのでしょうか。昨年11月にARMが次世代組み込み向けGPUのMali-T604を発表し、サムスンはすでにパートナーとしてライセンスを取得していますが…。下はMali-T604の搭載機器のイメージ動画です。

なんかシュールですが…。AR技術が利用例として挙げられていますね。携帯に乗せるとなると、消費電力の課題もありそうですが…。まぁ、このGPUが搭載されるかどうかはまだ分からないですけれどね。

もしこんなのが登場するならば、サムスンは今回のGalaxy S2のように自社ブランドのフラッグシップモデルに搭載することでしょう。それが、になるのか、他の別ブランドにシフトするかは分かりませんが、超モンスターマシンが来年にやってくることは間違いないようです。いったいスマートフォン・タブレットはどこまで進化するんだ…!?