au「IS03」をAndroid2.2にしてみた!

                  ibaraki_110414_09

ついにこの時がきましたよ!IS03で未来に旅立つ時が!
ボクもちょっと旅立ってきましたので、旅立ち方と旅だった結果をまとめてみました。

驚きのベンチマーク比較も載せていますので、参考までに !


IS03で未来へ

アップデート断念の「IS01」の悪夢がよぎる中、きちんとAndroid2.2への旅立ちが許可された「」。
長い道のりでした…auのフラグシップ・スマートフォンとして「一台持ち」を謳って登場し、売れに売れたものの重い・バッテリー弱いなど怒号の嵐。
隣の他キャリアAndroid2.2を羨む日々…それももう終わりです!

私たちは!Android 2.2を手に入れて!未来へ進むことができるのです!


アップデート方法

と、ちょっとテンションが高すぎですね(笑
落ち着いてアップデート方法の紹介へ移りたいと思います。

IS03を2.2にアップデートする方法は、WindowsPC経由になります。
WindowsPCにSHARPのアップデートユーティリティをインストールし、これを使ってファームをダウンロード、インストールする方法です。

この方法が取れない場合、auの店頭でのアップデートを受け付けているそうです。
MacOSX+IS03というような人はお願いするしか無いかもしれません。

何よりも悲しいのは、最も手軽なスマートフォン単体でアップデートするOTAアップデートが提供されないこと…
他キャリアでは一般的な方法だけに、これは少し残念。


アップデート手順

では、WindowsPCを用いたアップデート手順を簡単に紹介しておきます。
その前に、アップデートの注意点などを確認して下さいね!
(そんなに困ったことにはならなさそうですが)

最初にやるべきは、SHARPのアップデートユーティリティをここからダウンロードする事です。
初めてIS03をPCに繋ぐ人は、ここからUSBドライバのダウンロードも必要になります。

これが終わったらUSBドライバのインストールと、ユーティリティのインストール。
インストールが終われば、いよいよユーティリティを起動していきますよ!
(またPCにIS03は接続しないでくださいね)

サクサクと「次へ」を押して進めていきましょう!
この後はダウンロードが始まるので、適当に放置します(15分程で終わります)

ダウンロード終了後も適当に「次へ」を押して進めて行き、この画面が出てきたらUSBでIS03を接続します。

IS03の操作で、「設定」 →「端末情報」にある「メジャーアップデート」から「アップデートの確認」を叩き、同じくにある「アップデート実行」を叩きます。

IS03の画面が真っ白に「メジャーアップデート」という文字と説明が出てきますので、ここまで来たらPCの操作へ戻り「次へ」をクリック

さぁいよいよ!!!
これからあとは45分ほど待つだけで、Is03は未来仕様になってくれるはずですよ!


未来へようこそIS03

もうここは未来です! 私たちは今未来へ居るのです!
未来がどんな物か、ちょっとのぞき見てみましょう。

まずは動作ですが、これはもう文句なく軽い!
今までのIS03が嘘のようにキビキビとしています。これならXperia arcだってメじゃないぜ!って思えますよ?

Flash10.2がトピックですね
マーケットからインストールして、ブラウザで見てみると…

おぉー素晴らしい。ニコニコ動画もバッチリ見れますね!
ぽぽぽぽ~ん!

ところで、ボクが2.2で最も気になるアップデートはDalvikのJITコンパイラなんです。
この効果を見るため、ベンチマークをビフォー・アフターで比較してみましょう!


こちらはQuadrantの結果。右が2.1左が2.2です。
beforeが「511」、Afterが「747」となっており、約1.5倍のスコアアップです。これは大きい!
Quadrantは実用的なベンチマークですから、体感速度でもこれくらいの差を感じることが出来そうです。

Linpackのベンチマークも比べておきます。

こちらはもっと明確な違いが有ります。
Beforeが「6.9」、Afterが「31.3」と、実に4.5倍以上のスコアアップです!!!

Quadrantがファイルリード・ライトなども含めた総合的スコアを図るのに対し、Linpackは純粋に計算速度をスコア化しますから、このような結果の差が現れたのではないかと思われます。
JITコンパイラが特に計算速度に寄与していることがよくわかる結果です。

 

ただお祭り気分に水をさすようですが、Quadrantのスコアは少し気になりますよ
「747」というスコアは以前と比べると確かに高いのですが、冷静に見ると小型機であるHTC Aria(OS 2.2)とほぼ同等な数値なんですね。
AriaのチップセットはSnapdragonよりも格下なMSM7227 600MHz、うーん。これを知ってしまうと少し悲しいですね。
やはり、Snapdragonクラスとしては遅い部類となってしまうようです・・・

 


未来を体験して

未来最高です!
IS01で1.6に取り残された経験もあるボクとしては、もう感無量といっても良い。そんな気分です。

使い込んでいないのでまだ問題点についてはわかりませんが、少し触ったところではとりあえず大丈夫そうです。
後は、バッテリーがよくなっているかどうか…あまり期待はできませんが、少しでも改善されていれば嬉しいですね!

 

余談

筆者はメインにWindowsServer 2008R2を使っているのですが、どうもこいつでは例外エラーが出てアップデートが上手くいきませんでした。
試行錯誤した末、Windows 7マシンでやり直すとすんなりと行ったので、もしServer2008R2でうまくいかない人が入れば参考までに!