softbankがフラット型のパケット定額プランを5月1日から開始へ。夏モデルへ準備か。

                  emunoki_img_110411_01

ソフトバンクモバイルが本日のプレスリリースで、スマートフォン向けに新しく定額パケットサービス『パケットし放題フラット for スマートフォン』を5月1日から開始することを発表しました。

このプランに加入すると月々5460円でパケットを使い放題となります。

今までsoftbankはスマートフォン(iPhone以外)の定額プランとしては、月390~5985円の2段階制プラン『パケットし放題S for スマートフォン』、月71,250パケットまでは3985円、それ以降は上限5985円まで課金されていく『パケットし放題MAX for スマートフォン』の2つのサービスを提供していましたが、今月末で後者の『パケットし放題MAX for スマートフォン』が受付を終了するので、今回の『パケットし放題フラット for スマートフォン』が新たに始まる訳ですねぇ、はい。

基本的に毎月ガッツリ使っている人は『パケットし放題フラット for スマートフォン』に申し込んだ方がお得になります。

また、『パケットし放題S for スマートフォン』は本日以降料金を改定することも同時に発表されました。
1パケットあたりの通信料が0.084円から0.0525円となるとしており、71,250パケットで上限だったのが114,000パケットまで上限が引き延ばせられたということになりますね。


今回のプラン改定により、docomo、au、softbankはスマートフォンを対象とした定額プランの足並みをそろえたことになります。(iPhoneは別ですが)やはりこれは、夏モデルに向けての準備なんでしょうね。夏モデルは各社Androidやその他スマートフォンをかなり強化されたラインナップで提供していく予定なので、まずはそのスタートラインを揃えたって感じです。後は、各社がどんな方向性で自社からのスマートフォンを提供していけるのかですね。より良いスマートフォンライフの為にも各社には競合しまくってもらいたいです。