softbankから発売か?パナソニック製Androidスマホのウワサ。 003P?

                  emunoki_imga110409_02

パナソニックは、2011年前半にAndroidスマートフォンを国内に投入することを表明していますが、softbankの夏モデルスマートフォンの情報が来ていました。

ソース元はBlog of Mobile!!~最新ケータイ情報~様から。

尚、docomoの夏モデルにもパナソニック製のAndroidスマートフォンがラインナップされると聞いています。

ソース元では、パナソニック製のAndroidスマートフォンがBluetooth認証を通過したことを掲載しています。
型番は『EB-3232』となっており、通信方式はW-CDMA & GSMとなっているので、この時点で、auの可能性は消えています。

で、少し前に『EB-4045』という型番でBluetooth認証がされており、こちらは周波数帯からdocomoのスマートフォンになるだろうと予想しています。
で、今回はその兄弟機である可能性が非常に高そうです。

ちなみに、EB-4045はdocomoスマートフォンP-07Cになるのではないか?と言われてます。
スピードセレクタをソフトウェア上で搭載するそうで、なかなかに珍しい端末になりそうです。

softbank向けと思われる今回のEB-3232という型番のスマホ。名前は
docomoのP-07Cと兄弟機で出るとするならば、こちらもスピードセレクタを搭載する可能性は高そうです。

P-07Cは、Android2.3(Gingerbread)、約4.3インチFWVGA(480*854)の画面を搭載しているようです。
尚、パナソニックが開発中のスマートフォンは、『生活支援型』と『AV融合型』があると言われ、
003PはAV融合型なのでは?と言われています。機能・高性能なカメラを搭載し、DLNAに対応。バッテリーを大容量とのこと。

パナソニックのスマホに関する情報はコチラもご覧下さい。
パナソニックのAndroidスマートフォン、3.5インチ「生活支援型」と4.3インチ「AV融合型」でスピードセレクター”スピセレ”を搭載というウワサ