MEDIAS N-04Cがソフトウェアアップデート。持っている方は是非!

                  emunoki_img_110404_01

docomoから発売中のAndroidスマートフォン、 のソフトウェアアップデートが公開されています。
更新内容を見てみると、『ああ、こりゃ今すぐにでもやった方がいいな』と私個人は思ったのでユーザーの方は是非。

今回のアップデートの内容は、何点かの不具合解消のようです。
挙げてみると、
『microSDカードが装着されているにもかかわらず、”SDカードが取り外されています”というメッセージが出る不具合の解消』
『モバイル版YouTubeで、動画の再生ができない不具合の解消』
『赤外線で電話帳を「全件受信」した際、最後まで受信できない場合がある不具合の解消』
『電話帳コピーツール注意を利用した際、エラーがでる場合がある不具合の解消』
『タッチパネルに指を置いた状態で起動させると、タッチパネルが動作しなくなる場合がある不具合の解消』
『充電アダプタを抜いても、充電ランプが点灯したままとなる場合がある不具合の解消』

尚、N-04Cは自動的にソフトウェアアップデートが行われない仕様になっているので、自分で更新をかける必要があります。
手順は
ホーム画面から「menu」ボタンを押します。
「端末情報」を押します。
「メジャーアップデート」を押します。
「更新を確認する」を押します。
でアップデートが確認できるので、「更新を開始する」を押します。
「ネットワークを利用して更新」を押します。
これでパケット通信で更新を行うことができます。
※Wi-Fi経由でも更新を行えるそうです。

PDFはこちらから。
Googleドキュメント N-04C ソフトウェア更新 簡易操作手順書

アップデートにかかる時間は約25分です。充電はMAXにしておくことを忘れずに~。

うん。余裕でバグ潰し漏れですよね~。

というか、N-04Cは防水機能が付加された後継機のN-06Cの発売が予想れていますが
もともとそれを夏モデルに向けて発売しようとしてた訳ですね。でも、docomo的には『それでは遅いやろ』となり、じゃあ防水無しで春にだしましょうか、という経緯でN-04Cが発売されたと言われています。

この話が本当なら、事前に解消されるべきこれらの不具合も残っていても仕方ないのかな、という印象です。
まぁでもユーザーはお金を払って購入している訳ですから、
出来るだけ発売前にバグを潰して頂きたいのが本音ですよね。メーカーさんには、キャリアに振り回されながらも、頑張ってほしいです。