Apple、『iOS 4.3』をリリース開始!!AirPlayを強化したほか、WebブラウザのSafariが高速化!

                  

米Appleは3月10日(日本時間)、『iOS 4.3』のリリースを開始しました!iTunesからiPhone、iPod touch、iPadをアップグレードできます。

iOS 4.3になったことで、ワイヤレスでAV機器などに音楽や映像を転送するAirPlayの機能が強化されました。さらに今回ユーザーにとってうれしいのは新型の『Safari』Webブラウザが搭載れたことです。Nitro JavaScriptを搭載、2倍近い高速化が実現されており、ストレスのないブラウジングが可能となりました。

「Nitro JavaScript」について、WiredVisionによりますと

iOS 4.3のゴールドマスター版と『SunSpider』を使って実施したベンチマーク・テストでは、『iOS 4.2』と『iOS 4.3』との間でSafariのJavaScriptのパフォーマンス速度が大幅にアップしていた。

iOS 4.2を実行する『iPhone 4』が1万626.4ミリ秒でテストを完了したのに対し、iOS 4.3を実行する『iPhone 4』は同じテストを4340ミリ秒で完了した(数字が少ないほど優れていることを示す)。つまり、JavaScriptのレンダリングにおいて、iOS 4.3はiOS 4.2よりも59%速いことになる。

iOS 4.3をダウンロードしたiOSユーザーたちは、JavaScriptを多用するサイト、例えばGoogle社のモバイルアプリ(Voice、Docs、Reader)や、Facebookなどの表示がかなり高速化するだろう。
※ WiredVision – 引用

という結果が報告されています。ユーザーにとっても大きなメリットとなることは間違いないでしょう。

About the author

運営・代表者です。 よろしくです。