開発者向け!iPhoneアプリをFlashで作れる日が来る!

                  



Adobe Systemsは9月9日、AppleのiPhoneデベロッパー規約変更を受け、
FlashアプリをiPhoneアプリに変換するツール「Packager for iPhone」の
開発を再開すると発表しました。Adobeは昨年Packager for iPhoneを
発表しましたが、その後Appleは開発者規約を改定し、変換ツールを使った
アプリを禁止しました。このためAdobeは4月に、このツールの開発を終了し、
GoogleのモバイルOS「Android」に注力する方針を明らかにしました。

今回の規約変更で、変換ツールを使ったiPhoneアプリ開発が可能になるため、
Packager for iPhoneの開発を再開するようです。
現在このツールは「Flash Professional CS5」の機能として提供されています。

開発者側からみるとobjective-cを使わずFlashだけで作れるという事になります。
つまりWindowsOSの皆さんでもアプリを作るチャンスが出たってことです!
開発環境の改善によってアプリ開発の敷居がかなり低めになったと思います!
これでもっともっとスマートフォン市場が盛り上がるといいですね。