パソコン世界5位メーカー 台湾asusがタブレットで参入

                  

パソコン世界5位の台湾メーカー「アスーステック・コンピューター」は
15日、電子書籍など対応したタブレット型の多機能端末
「EeePad(イーパッド)」を来年初頭にも日本に投入することを
明らかにしました。
こりゃあ大変だってわけで解説。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

世界第5位!?す・・・すごいタブレットPCが来たのでは・・・・
と言ってもまずアスースティック・コンピュータってどんな会社だよ!
って方もいるはず。会社を解説した上でEeePadを解説しようかなと思います。

アスースティック・コンピューター(以下、asus)は1989年に設立された会社
で主にマザーボードを輸出してきた会社です。
どんなマザーボードかと言うと!

そこはCup5uleに聞いたらいいと思う。

とりあえず製品ページにリンクを貼っておきますね(笑)
http://www.unitycorp.co.jp/asus/asus.html

会社名ASUSTeK の由来は芸術や学問の象徴となっている
Pegasusのつづり4文字から取ったもので
『市場に問うすべての製品に高レベルの品質と独創性を吹き込むことにより、
機知に富むペガサスが象徴する強さ、創造性、純粋さを具体的に実現する』
という意味を込めているそうです。
2010年第3四半期のPC市場においてHPやAcerは成長率が1ケタに対し

Acerは売上を約30%

伸ばしており勢いがある企業でもあります!
                                            

さて日本でasusの名前が有名になったのがネットブックの1つ

EeePC!

発売後3日で1万台を売るなど爆発的ヒットを生みました!
意外と持っている方も多いのではないでしょうか?
EeePCが売れた理由としては色々とあるとは思いますが
まず5万円を切った上に重さも1kgを切ると言う本当にPC?
と疑いたくなるスペックでした。
他のブログなど見ると当時は2台目PCとしても着目されたようですね。

そしてasusの強みの中に価格の安さもありますが安全性と
故障率の少なさがあります。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
携帯電話機の保証会社SquareTradeが調べたパソコンの故障率ランキング
調査項目は、ノートPCの購入後3年以内の故障原因
ネットブックとノートPCの購入後1年以内の故障率比較など。
【結果】
1位・HP(ヒューレット・パッカード)(米国)―25.6%
2位・ゲートウェイ(米国)―23.5%
3位・エイサー(台湾)―23.3%
4位・レノボ(中国)―21.5%
5位・デル(米国)―18.3%
6位・アップル(米国)―17.4%
7位・ソニー(日本)―16.8%
8位・東芝(日本)―15.7%
9位・アスース(台湾)―15.6%
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
                                            
このように2009-11-20のデータなので多少古いですが

年間故障率が15%


かなり低くなっています。この安全性があるからこそMIR宇宙ステーションでの
任務期間中にausuのPCが選ばれた実績があり、現にこの2台は600日経過
しても

故障0

でした。
また、耐震性にも優れており豪州NRMA CareFlightヘリコプターレスキュー隊
の標準装備に採用されているそうです。
このように故障率の少なさ安全性がasusの売り上げの強みになっています。
                                            
さてやっと本題!どのようなタブレットが出てくるのかですが。
ここが僕が面白いなぁと思ったのが
タブレットはEeePad12インチ EeePad10インチ EeeTablet と
3種類発表されたのですが3種類ともそれぞれ違うOSだという事です。
(ちなみに全て来年初頭に発売される予定です)
                                            
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
学生向けに開発されたのがEee Tablet
バッテリーは10時間程でブラウザ内臓WiFi接続が利用できる。
また2Mのカメラに音声録音機能付き!
授業録音出来るのは嬉しい!
OSはLinuxベースの独自OSで予価300ドル(2万4000円ぐらい)

                                            
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
12インチと大きいサイズのがEeePad

なによりも画面がでかい!

iPadが9.7インチだからあれ以上に大きくなるのか・・・胸熱。
OSはwindowsOSで予価1000ドル(8万円ぐらい)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////                                            
そして10インチのEeePad(小)
名前で差が無いから勝手に小と付けてみる。
ARM系のNVIDIA Tegraプロセッサ+Windows Embedded Compact 7を
搭載しOSはタブレット初のAndroid
価格は予価399ドル(3万2000円ぐらい)
(もしかするとOSはWindows Embedded Compact 7 かも?)

                                            
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////                                            
と全てOSバラバラ!
しかし1つだけ言えること!

ネットブックPCにおいても安全性の信頼が高いasusです。

もちろん現存のiPadの499ドルと比べると100ドルも安いため
お手頃価格で提供される事は間違い無いでしょう!
しかもAndroid初タブレット!
発売が楽しみです(・ω・)ノ