softbank アレ コレ ソレキャンペーン!iPad2の利用料は確かにタダに出来る。でも端末代金は毎月1860円かかるよ!!1860 – 1860 = 1860のカラクリとは?

                  emunoki_img_111007_06

筆者もテンションのあまり一度うっかりしちゃってたので、記載しておきます。

softbank の今回のアレ コレ ソレキャンペーン、冒頭にこんな感じの画像があれば、『iPad2を毎月無料で使えるようになったんだ!!すげぇ!』と、そりゃ勘違いしますよね。アレ?僕だけ?

確かにこれ、月々の利用料はタダにすることが可能。でも、どんなに頑張っても月々1860円はかかっちゃうんです。
1860 – 1860 = 1860のカラクリとは?

まず、今回のキャンペーンのおさらいから。
まず、無料と謳っているのは
(iPad専用)ゼロから定額プラン:基本使用料0円~4,980円(100MBまで無料、以降0.0525円/パケット)
ウェブ基本使用料:月額使用料315円(100MBまで無料
契約事務手数料:無料
ユニバーサルサービス料:無料

はい、これらが一因している訳ですね。確かに、月々の利用料金はWi-Fi通信を駆使すれば、通信料を100MBに抑えることで0円に抑えることが可能です。うん。それでそれで?

でね、こっちのページで月々の料金をシュミレートすることが出来るんですね。で、やってみたんですよ。
・iPad 2 16GBで!
・分割払いで!
・ゼロから定額プランで!
これで、割賦支払い金額が1860円、月月割が1860円引き、これでプラマイ0! やったあああ!
と思ったんですよ、ハイ。お恥ずかしながら。

で、結果…。(クリックで拡大)

あれ?毎月の料金1,860円~/月から?なんで!?


はい、これが月月割の落とし穴だったんですねぇ。月月割の1,860円というのは、端末代金から差し引くことが出来ません。じゃぁどこから差し引くのか。月々の利用料金です。
おさらいしましょう。このプラン、利用料金はいくらで運用できましたか?そう0円で運用できます。では、0円の利用料から1,860円が差し引かれるのかというと差し引かれないのです! -1860円ってつまり、softbankから私たちが毎月1860円もらっちゃうことになりますもんね。

では、この1,860円を消化するにはどうすればいいのか?
パケット通信で利用するしか消化できないのです。
・・・計算しましょう。
このプランは、0.0525円 / パケットで計算されるはずです。1KB=1,024バイト=8パケットとすると、おおよそ、1MBで430円の計算となります。1,860/430=4.3255…
つまり、「100MBの通信を行った後、約4.3MBの通信まででストップすることが出来れば」、利用料をウェブ基本使用料315円のみに抑えつつ1,860円分を消化できるわけです!

だれがそんな使い方するかァ!! (ツッコミ)

ということで、分割で端末代金を支払った場合は、
月々端末代金1,860円 + 利用料 0円~3,120円(4,980 – 1860)
つまり、iPad 2を「ゼロから定額プラン」で利用する場合の料金イメージは
24ヶ月の継続利用が条件で 1,860~4,980円ということになりますね。結局「ゼロから定額プラン」の上限と同じです。そりゃそうか。

利用料0~4,980円と、月々端末代金1,860円を合わせて本当は1,860~6,840円かかるところを、利用料の方から1860円分引いてあげますよ。
だからほら、端末代金も無料みたいなもんでしょ?

ってことなのです。お分かり頂けたでしょうか。
(尚、今は分かりやすく月額使用料315円の分を計算していませんが、100MB以上のデータ通信を行った月は月額使用料315円も発生しますので厳密には4,980+315円で5,295円です。)

元を返せば、原因は利用料0円から月々の端末代金を割り引けないのでこーいった仕組みが生まれてしまうのです。
でもサイトには、1,860円と-1,860円の文字と、デカデカと書かれた0円の文字のみ。これでは携帯電話料金の仕組みを知らないユーザーは勘違いしてしまう可能性は多いにあります。

教訓として覚えておきましょう。タダという言葉には何かしら裏があるもんです!

こちらの記事も要チェックですよ!
au softbank iPhone 4Sを買う前に知っておきたい事前情報&豆知識 現在24コ!