docomo、au、softbank。今後の各社の戦略は?スマホとフィーチャーフォンのすみ分けは?

                  emunoki_img_110507_13

日経新聞が昨日報じた記事によると、今後各通信事業者は携帯電話におけるスマートフォンの割合の半数以上にしていく方針だそうです。docomo、au、softbank共にです。softbankに至っては今後2~3年で発売する携帯電話を全てスマートフォンにする計画を企てている模様。

フィーチャーフォンがそんなに早く需要が無くなるとは思いませんが…。各社がどのような戦略で今後生き残りをかけていくのでしょうか。日経新聞の記事をかみ砕きつつ予想を書いていきましょうか!

■docomo

docomoは2012年度のスマートフォン出荷台数を1000万台を目標に動いている模様です。次世代通信規格LTEを採用したスマートフォンを今年の冬モデルから発売していく予定です。また、来月以降に対応を予定している下り最大14MbpsのHSDPAサービスも開始する予定なんですよね~。ということでさらなる高速通信・リッチコンテンツへのブラウジングが増加傾向にあると思われます。

今年の夏モデルで一気にスマートフォンを投入してくるであろうdocomo。5/16が発表会だという噂です。秋に富士通製のタブレット、冬にサムスン製スマートフォンを投入するとのことです。秋冬はLTE対応も増えてくるようですね。ただ、LTEはまだまだエリアが都市部に限定しており、ここ1~2年先までは比較的高速・広範囲の3G通信が主流になるのではないでしょうか。で、そこから徐々にLTE対応の基地局が増えていき、純正4G通信のLTE-Advancedが2014年ごろからスタートという流れでしょうね。

Xi対応のスマートフォンの誕生も近い。

■au

KDDIは11年度、WiMAX対応のスマートフォンを3機種以上投入するとしています。モバイルWiMAXといえばhtc EVO WiMAX ISW11HT が記憶に新しいですよね。これを1機種とカウントするとあと最低2機種はWiMAX対応スマホが発売されるってことですよね。ただ、夏モデルにWiMAX対応スマートフォンの噂を聞かないので、冬モデルに回すのかもしれません。

docomoは夏モデルでGalaxy S IIXperia acro SO-02Cを投入する見通しなので、auもデュアルコアでとか出したら面白いんですけれどねぇ…。Xperia acro IS11Sで十分話題性はありますが。

WiMAXはLTEよりも早い段階でサービスが開始されたこともあって、認知度はそこそこあると思います。エリアも広くなってきていますし、WiMAX対応の良質なガラスマならば、そこそこ売れると思うんですけれどねぇ。WiMAXの今後の伸び白が心配ですが。(世界ではWiMAXというよりもTD-LTEになるかも)また、auもLTEに参入する見込みです。他社よりは少し遅れそうですが…。

早々に生産が終了したEVO WiMAX ISW11HT。しかし、WiMAX はauにとっては大きな武器。

■softbank

今年の冬に新型のiPhoneを発売する予定。またAndroidにも注力していき、2~3年で販売する携帯電話の全てをスマートフォンに移行するという計画だそうです。softbankはそこまでフィーチャーフォンの割合が多くないので、そのあたりの客層はdocomo、auに譲るのかもしれません。
というよりも、フィーチャーフォンとスマートフォンの境目が失われつつあるので、そこまで敏感に反応する必要もないのかもしれませんね~。今後登場する携帯電話の中には見た目は完全にフィーチャーフォン、でも中身はAndroidというのも発売されるでしょうし。

こうなると気になるのは、回線の圧迫。フィーチャーフォンに比べるとスマートフォンで利用するパケット量は圧倒的に大きいです。iPhoneで起きやすかった、利用者が多すぎて本来繋がる所でも繋がらない…といった現象が今後docomo、auでも起きてくると予想されます。ましてや今夏からスマートフォンでも本格的にテザリングがやってくるのでますます圧迫されるでしょうね~。

フィーチャーフォンは今後減少傾向になると予想されますが、正直、本来の意味での『携帯電話』を利用する方にとって、Android、iOSは不必要なものなんですよね。『電話できればいいんだよ!』とか『流行に流されちゃ駄目だ、ちゃんと使える携帯が欲しい!』という方々も多い訳で…。その方々の意見を無視して高速データ通信・基地局増加・一人当たりのパケット使用量の波でどんどん携帯のプラン料金が高くなっていくのはどうかなと思います。

いくらフィーチャーフォンとスマートフォンの差が縮まったとしても、サービスにおいてはしっかりとすみ分けしていくべきだと私は思います。