iPad 2は品薄状態が続くのか?日本での発売は?

                  emunoki_img_110328_01

さて、3月11日にアメリカで発売され、その後25日にイギリスやフランス等世界各国で発売が開始されたiPad 2

日本でもソフトバンクからiPad 2が発売される予定でしたが、震災の影響で発売延期。まだ発売の見通しは立っていません。

そもそも、iPad 2は日本企業のパーツを多く採用していると言われ、この震災で日本から部品の発注が滞ってしまい、生産が行えているのかも怪しいところ。
当然、iPad 2は現在バカ売れ状態が続いているので、供給が追い付かなくなるのでは?という懸念があります。

日本からの部品は、旭硝子や東芝、エルピーダメモリ等の部品が挙げられますが、これらの部品が需要を満たすほどの供給が現状可能なのかは不明です。

ただ、エルピーダメモリは本日28日、『DRAM製品の7月末までの供給は問題ない』との発表を示したようにすぐに対応を行い、なんとか現状持ち直している企業もあるので長期的に品不足が続く…という状況はAppleとしても改善したいところ。

尚、海外では「米アップルストアでのiPad 2の注文から納期までの期間が短くなっている」と指摘し、
そこまで問題視していない声もあがっています。

日本でのiPad 2の発売は見通しが通っていないとのことですが、
4月頃には発売を期待したいなぁ…と思っています。韓国やシンガポール等が4月発売を予定していますしね。あんまり遅いと、Androidタブレットの方にユーザーが流れてしまう可能性もありますしね。

というか、iPhone 5はどうなんでしょうね。これも部品が不足しそうでちょっと心配です。