Xperia arc買いましたよ!外観の写真をまずはどうぞ。

                  emunoki_img_110326_03

買いました。Xperia arc SO-01C

う~ん。なかなかの好印象。まだ使い倒していないので中身については追々触れて行こうと思いますが

まずは外観の画像を用意しましたよ!!

まずは、

箱!

箱て。そうです。箱です。入っている箱です。
巷では、『ティッシュ箱』との大きさ比較をしている方が多かったので、
ココは。MINTIAで。私の愛用品のドライハード。



うん。なんだか分かりづらいね。
ティッシュ箱よりコンパクトです。これは確かです。隣の席のMEDIAS野郎が『箱小っせw』
っていってたのでMEDIASの箱よりもコンパクトなんでしょう。なんだか勝った気分です。隣のやつに。

はい!開けた~!



ON THE MACBOOK。

こんだけ入ってました。
・Xperia arc本体
・充電アダプタ
・microUSBケーブル
・有線イヤホン(試供品)
・クイックスタートガイド

あるぇー!?micro HDMIケーブル付いて無いのか…ちょっと残念。まぁ高いしね。仕方ないよね。

持ってみます。



おお。やっぱ第一印象は『軽い』ですね~。MEDIASも軽かったのですが、どっちが軽いかは感覚では判断できなかったです。それくらいの軽さ。
あと、持ちやすさもかなりありますね。流石arc状にしただけあるわ~。

横から。



うえへっへ。反ってますね。流石にMEDIASよりは厚みがあります。
こっち側には上部にmicroUSBの端子と音量調整ボタン、下部にカメラ撮影ボタンがあります。
microUSBはカバー無しなんですね。スグ挿せるようになっています。

下から~。


右から、戻るボタン・ホームボタン・メニューボタンの順番。
1つ前のXperia SO-01Bと戻るボタンの位置が逆になっていて、『押し辛い!』『間違える!
という意見が多いです。私もそのクチで、逆に押してしまいますね、やっぱり。
これは慣れていかないといけないですね~。

周辺機器行きましょう。


充電アダプタです。そんなにサイズをとらない感じです。ぶっちゃけ普段持ちあるこうと思えば全然行けるくらいのレベル。


microUSBケーブル。充電するには必須です。
長さは結構短め。プラグの形がarcのポートの位置に合わせて横に向いてます。


試供品のイヤホン。試供品なので、音質はそこまで良くはないです。こちらも横向きになっています。
イヤホンとプラグが一体型になっているので、自分のイヤホンとプラグをつないでarcに装着…というのは残念ながら無理ですねぇ。

お次はカバーを開けて~。



充電パック・microSDカード・FOMAカードがそれぞれ入ります。
microSDカードは試供品として、16GBが付いていました。結構容量デカイ。
あ、最初にmicroSDカードを抜くときはかなり苦労しました(笑)
固いし。ツメが引っかからんし…。取り方間違ってるのかと思いましたよ。ホント。


バッテリーです。リチウムイオンの1500mAh。まぁスマホにしてはそこそこ容量あると思います。
結構ずっと弄り倒していますが、あまり減らないですしね。ただ、音楽を聴きながらブラウジングとかだとかなり浪費するんじゃないかなと思っています。


あ、背面からの忘れてました。
こんな感じ。右下に型名。中央にXPERIAの文字。右にはカメラとLEDライトが搭載されています。


ざっと使ってみた感じなんですが、
やはりAndroid2.3。かなりサクサクに動いてくれます。
まだ全然触りきれていないので、バグ報告などは後から出てくるかもしれません。
とりあえずTweetDeckはたまに落ちます…。まぁ他の端末でも落ちていたので、arcが原因という訳では無さそうですが。もしかしたら治っているかな?という淡い期待でした。

さて、この記事はこの辺にして、他のスマートフォンとの比較をしてみましょうか。
とりあえずこの記事はここまで~。