iPadへの刺客となるか!?東芝がAndroidタブレット発表!

                  

【IFA 2010】東芝、Android 2.2搭載の10.1型タブレット
-CELL REGZAの技術を応用した「CEVO ENGINE」を展開。

IFA(国際コンシューマエレクトロニクス展) 2010が開幕する前日の
9月2日(現地時間)に東芝のプレスカンファレンスが開催。

その中で、10.1型液晶とネットワーク機能を備えたAndroid搭載のタブレット端末
「FOLIO 100」が披露された。

さてまだ日本での発売は決まっていませんが、
さっそく性能チェックしてみましょう。

この東芝Androidタブレットの情報を見たところ。

【通信関係】
・Bluetoothを搭載
・通信機能は3Gと無線LANの802.11b/g/n
【外部サポート】
・USBが使える
・SD/SDHC/MMC対応
・HDMI搭載
・テレビなどにフルHDで映像出力が可能
【内部】
・16GBのメモリを内蔵
・Tegra2搭載
・WebブラウザはOpera mobile
・Flash 10.1も搭載PDFも表示
・RSS機能利用可能
【外見】
・外形寸法は281×180.9×14㎜(幅×奥行き×高さ)、重量は約760g
・マルチタッチに対応
【サービス】
・価格は399ユーロ前後
・音楽、動画、ゲームアプリを販売するToshiba Market Placeを開設

とここまで発表されていますが使いやすいのでしょうか?
iPadと比較してながら検証開始ー!

iPadと大きく違う点としてやはりUSBの差し込み口が最初から
付いているところでしょうか?
使う側としてiPadの場合USB差し込み口が無く拡張キットを使っても
写真しかコピーできないためメールでデータを渡さないといけない。

でもこれならUSBを通して自由にデータの受け渡しができるので便利ですね。

又、Flashが対応するので従来のPC同様、快適にネットサーフィンができるのもGOOD!

ただ1つ言いたい・・・
このタブレットPC重いです。iPad(680g)でも持ち歩き疲れるのに
それを50g上回る730gとはこれいかに。
ノートパソコン持ち歩くよりかは遥かに軽いわけですけど
電車の中で気ままに開くのはシンドイと思う重さです。

しかし!拡張性にすぐれた東芝タブレットPCはやはり魅力的!
まだ日本での発売は予定されていないとのことなので
早めに発売日が決まるといいですね。

欧州発売は2011年初めとのことです。


以下ネットの声
——————————————————————————

【ポジティブな意見】
・Tegra2搭載で1万で売ってたら今すぐ買う1年保障付くなら3万出してもいい。

・flashが使えて貧弱スペック機じゃないipadもどきが欲しかった。

・価格も悪くなさそうだな・・・普通に日本でも販売しろ!

・399ユーロ、日本円で4万弱ぐらいかな。まあ高くはない。

——————————————————————————

【ネガティブな意見】
・サムスンをはじめ、海外各社から一斉にAndroidタブレットが出てきたが
 どこまで張り合えるだろうか・・・

・後追いどころか、デバイス組み合わせて他社のOSを入れるだけなので、
 一ノートパソコンメーカーと変わらない感じ。

・760g? 重くない?
——————————————————————————

参考スレッド
【モバイル】東芝、iPad対抗のAndroidタブレット端末
「FOLIO 100」を発表、欧州・中東・アフリカで年内に発売[10/09/02]