iOS 5.1 アップデート! 無限ループバグの対策と復帰方法まとめ [更新版] #iPhone #ios51loop #iPhone 4S

                  thumb-mycom-20120308-20120308008-technology

はい、iOS5.1がやってきました! 音声入力システム「Siri」がついに日本語対応するとのことで、iPhone 4Sのユーザーの皆さんは結構心待ちにしていたと思いますが、

致命的なバグが報告されています!

もちろん、成功した人もいるようですが、失敗してしまうと結構手順を踏まないといけないので、出来れば今はアップデートしない方が良いと思います。

尚、このループバグ
・au版でもsoftbank版でも、
・JailBreakを行なっても行なっていなくても
・PCと接続したiTunesからでも、Over The Airでも
とりあえず発生する確率はあるようです。AppleのOSアップデートのサーバー過負荷によるバグなのかなぁと個人的には思っています。
尚、今回のバグは手持ちのiPhoneでは確認が取れていません。以下に紹介する方法で100%回復を保証する訳ではなく、また、それに伴って発生した不具合に対して、一切の責任を負いません。それでもOKな方なら、続きへ~。

症状:

前回のiOS 5のアップデートでも一部見受けられましたが、アップデートを行なったiPhoneが起動と再起動を繰り返し、操作が出来ないという症状のようです。
@orangebird2011さんが症状の写真をtwitpicに掲載されていたのでお借り致します。

・1 アップデート終了後にリンゴマークが出現

・2 初期設定前のロック画面出現

・3 WiFiの設定と、緊急電話発信しかできない

・4 新しいiPhoneへようこそ! →そして1に戻る。以下無限ループ。


という症状だそうです。twitterや海外の掲示板を見る感じ、同様な報告が上がっているみたいですね。

対策:

では、対策です。

■そもそもアップデートしない

バグが報告されている以上、自分の身に降りかかる可能性も十分考えられるので、問題が落ち着くまでアップデートを行わないようにしましょう。これは、Androidユーザーも同じですよ!

■バックアップをとっておく

それでもアップデートしたいんだ!という方は、とりあえず、音楽・写真・アプリ・連絡先等のデータをPCに同期させてバックアップを行いましょう。Itunesを立ち上げてPCと接続させれば、簡単にバックアップが取れるはずです。これも、普段から行う習慣を付けておいたほうが無難ですね。

[3/9 追記]
今回のループバグは、バックアップに起因しているかもしれないとのAppleのサポートの見解のようです。バックアップをとっておくのはあくまでデータ保存という意味合いです。また、このバックアップを直接用いると、ループバグが再現される可能性もあるようです。

■バックグラウンドで動作するアプリを停止しておく

バックアップを取る際にバックグラウンドでアプリが動作していると、上手くバックアップが働いてくれないようです。バックアップする時は、事前にバックグラウンドでアプリを停止しておきましょう。

■キーロック設定を解除しておく

どうやら、キーロック設定画面が悪さをしているようです。今からアップデートするという方は、キーロック設定を解除していると安心かも。ただ、やっぱり公式に発表が出るまでは、アップデートはお薦めしません。

■[追記]機能制限設定を解除しておく

こちらでループバグが発生してる方いるようです。キーロックと併せて一度OFFにしておきましょう。
設定 →一般→パスコードロックOFF
設定→一般→機能制限をOFF
です。尚、ループ中のiPhoneも以下に記述する方法を使ってこれらの機能をOFFにすることでループバグから脱出出来る可能性が高いです。
情報のご提供、有難うございました!

って、これは別にやる前の話で、実際バグっちゃってるんだけど、どーすんの?という方。
以下にとりあえずの対処法を書いています。

■SIMカードを抜き差ししてみる

これで治ったという報告があります。とりあえずすぐ出来ることですし、やってみる価値はあるのでは?

■バッテリー残量が20%になるまで待つ

どうやら、この無限ループ問題、キーロック画面が悪さをしているようです。で、その一旦キーロック画面を解除したい…けど解除画面に行けない…。ただ、1つ、解決策があるようで、バッテリー残量が20%になるまで待つとポップアップが出現します。

この状態だと、無限ループを一時的に止めることが可能のようで、この状態のときに(1)キーロック画面設定を解除し、(2)iTunesから認識された状態で、バックアップを行い、(3)そのバックアップファイルを使って初期化したiPhoneを復元するという手法で解決することができそうです。
詳しい方法はこちらをご参考下さい。
iPhoneトラブル!フリーズ後、パスワード入力画面の無限ループ…

[3/9 追記]
この方法の成功率は低いようです。FaceTime方法(下記エントリをお薦めします。)

■そもそもバックアップを取るためにiTunesがデバイスを認識しない人

リカバリーモードにしてみましょう。
公式フォーラムはこちらiOS:アップデートまたは復元ができない
この方法で復元したiPhoneを「新しいiPhone」として作成し、後からデータもろもろを入れ直していく必要があります。この方法の後にバックアップで復元を行おうとしても、また無限ループに突入するみたいです。なので、新しいiPhoneとして使って、今のiTunesからデータを入れてあげるとおそらく正常に動作します。とはいえ、前回同期した後から追加されたアプリのゲームデータ等はなくなっているかもしれませんが…。また、デバイスに保存されている写真や音声メモ等のデータもなんとかしてループ中のiPhoneから取り出す必要があります。

・写真やメモ帳データ、住所録のデータを取り出すなら
iPhone Backup Extractorがお薦めです。
使い方はGIGAZINE様が詳しいです。

■iBackupBotを使用して、iTunes内のバックアップから初期化したiPhoneにデータを入れ直す

バックアップファイルを暗号化していない人はiBackupBotを用いて復元してみるのも手かもしれません。使用方法はiTunesにバックアップしたiPhoneのデータを漁る方法や、【TIPS】iBackupBot for iTunes - これさえあれば怖いものなし!なんかをご参考に。(ここでいう復元は、iPhoneを初期化した後、バックアップからデータを自力で取り出して入れ直すという意味です)

■他の機種(iPod touchやiPhone3G等)からバックアップを作成して、iPhone 4Sに復元

自分のiTunesと同期している他のiOS端末があれば、そちら側アプリ等をダウンロードして、今までの状態までにしてから、それをiTunesに同期して、新しいiPhoneとして初期化した4Sに復元するという手法もあるようです。

■[追加]正常なiPhone、iPadからFaceTimeをループ中のiPhoneにかけて、FaceTime中にホームボタンを押す

FaceTimeが起動出来ればホーム画面に行くことが出来るみたいです。その後、設定 →一般→パスコードロックOFF と 設定→一般→機能制限をOFFした後、バックアップを行い、iPhoneを初期化してバックアップで復元を行えば最新のデータのままでループバグから脱出することが出来ます。()…なんだかゲームをやっている気分ですねw (汗

[3/9 追記]
この方法で、抜けれる可能性が高いみたいです。また、バックアップと初期化を行う必要はないようです。一度ループを抜けさえすれば、キーロック設定をONにし直してもループバグには発生しないという報告がありました。

■[追加]iCloudからリモートロックを行い、緊急電話画面でロック解除を行う

iCloudの設定が行われており「iPhoneを探す」設定をON、GPS設定がONの場合にトライできる方法です。
1.iCloudを使って他端末からリモートロックを行う
PC側からicloud.comサイト、または他のiOSデバイスに「iPhoneを探す」アプリでループ中のiPhoneをリモートロックさせる。
2.iPhoneがロック画面になるので、そこで緊急電話画面を開く
3. 2.を数回繰り返すと、Siri設定画面が表示されるときがある
4.Siriを使用しないを選択
5.その画面でホームボタンを押せばホーム画面に飛べる
6.設定 →一般→パスコードロックOFF と 設定→一般→機能制限をOFFにする
これでループ脱出が出来たそうです。

■[追加]緊急電話画面で電源OFFのスライドを表示させる

1.ループ中のiPhoneのロック画面からを緊急電話画面にする
2.電源ボタンを長押しする
3.電源OFFスライドが出たらキャンセルして緊急電話画面→ロック画面と戻る
4.ロックのパスワードを入れる
5.Siriの設定画面が出るときがあるので、SiriをOFFにして、上の方法と同様、ホームボタンを押してホーム画面へ
6.設定 →一般→パスコードロックOFF と 設定→一般→機能制限をOFFにする
この方法は、facetimeやicloudの設定を事前に行なっていなかった人のループバグでも実践出来るようです。

■[追加]ループバグ前に、キーロック設定をOFF、FaceTimeをOFF、iCloudもOFFにしていた人は

上記の手法はパスコード入力画面が起点になっており、事前にロック設定を行なっていない人はループから抜けづらいみたいです。
そこで、
1.事前に現在の状態をバックアップする
2.iTunesを使ってiPhoneを初期化する
3初期化したiPhoneにパスコード設定を行う
4.1のバックアップで復元
5.ループバグは再発するが、パスコード入力画面が表示されるようになる
6.上記の緊急電話画面で電源OFFのスライドを表示させる

手順はかかりますが、なんとかこれでいけるみたいです。
この手法はこちらのサイトに説明が上がっています。iPhoneちゃんねる

ここ最近のiOSアップデートのバグが目立ちますね。サーバーへの大量のアクセスによるアップデート失敗も、ユーザーからしてみれば、「何でやねん!」と言いたくなりますよね…。第3世代iPadの発表もも海外では以外にも不評な意見もあって、ジョブズ亡きこれからのAppleが心配でもあります。